どちらかの予感




















朝晩は肌寒くなるほど秋らしくなりました。

去年の今頃は、残暑が厳しかった記憶が残ります。



土手の向こうに素敵なソライロ。

夏と秋の狭間で焼けています。
























往く夏を惜しむように、二人の素敵な後ろ姿がありました。

この二人の微妙な距離感、みなさんは何を予感するのでしょうか。













このどちらかの予感がした自分









Or










前曲であって欲しいものですね。






















































 
コメント