どう見ても





会社で造花を販売している関係なのでしょうか、

自然に咲いている花、花瓶に挿してある花以外、

「これって生花?造花?」って、ぼくは戸惑う被写体があります。





とあるエントランスのテーブルに何気に置かれた花束、これはどっちなのでしょうか。

画像に残すと、新鮮な切り花、良く出来た造花。ぱっと見では分かりません。

正解は、どっちだっていいんです。

「綺麗なものはだれがどう見ても綺麗!」で良いのではないでしょうか。








その奥のカウンターには





これはだれがどう見ても可愛い「ミッキーとミニー」

ちょっと背中を拝見。疑いのない、公式のぬいぐるみでした。

これも、偽物でも本物でもどっちだって良いのかも知れません。

写真で見る限り、「可愛いものは可愛い」の代表選手。







その傍らに、これまた旬のディスプレー。





これってかぼちゃのお化け?この時期になると、色々なショップで見かけます。





可愛らしいか可愛くないかは賛否両論となるのでしょうが、





ぼくにはどう見ても、可愛いと思って写した試がありません。


クリスマスはわくわくして迎えるものの、この西洋のお祭りだけは待ち遠しくありません。


そんなことを言っているから、流行から取り残されるのでしょうね。























 
コメント