啓蟄(けいちつ)












久し振りに青空が顔を覗かせた出雲地方です。

今朝の最低気温は0.9℃、掃除をしている今は2.5℃と、

まだまだ冷え込みは厳しいですね。

それでも、明るく拡がる空が希望です。













この頃、柳の木も少しずつ枝を伸ばしてきました。

「春近し」といった情景に変わって来ました。















芽吹きの暖簾をくぐると、その向こうには「春」

そよそよと、心地よく揺れていました。











< 啓蟄 >





きょう6日は二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」

冬ごもりしていた動物や虫たちが地上に出てくる時季とされます。

それを待っていたかのように、野鳥たちもまだまだ滞在中です。

まるまると太って、旅立ちに備えているようですね。





















 
コメント