コスモスの季節

< 青空の下で >

s-7d53bfba78fa6306ade8a4afcaf47fa0_m.jpg

 

s-7d53bfba78fa6306ade8a4afcaf47fa0_m-2.jpg

この時季あちこちで咲いているコスモス。

澄み渡る秋の青空にとても良く似合う花。

鉛色の空の下では写欲が湧きませんね。

これでBGMに「秋桜」が聴こえると最高。

フェーン現象

< 昼下がりの天気予想士 >

s-IMG_5756.jpg

台風18号が朝鮮半島を横断し日本海へ。

朝の気温は出社時には目を疑う27,6度。

お昼に31,5度にまで達した出雲地方です。

風向きも南南東から南に変わり今は南南西。

次第に風も強まり今は10m/s前後の強風。

ビュー、ビューと空は風が泣いています。

低気圧に変わる前の強風域に入ったよう。

西の空には雨雲が接近してきました。

 

s-IMG_5761.jpg

 

s-IMG_5755.jpg

 

s-IMG_5715.jpg

まもなく確実に雨が降る出雲の空です。

こんな天気予想は誰にでも出来ますね。

お絵描き空を飛ぶ

< こどもちゃれんじ JA330J >

s-IMG_5854.jpg

何か特別機でも来ていたのでしょうか。

普段とはまた違う多くの見学者。

異変を感じ車を緊急停車です。

見つめる先には離陸しようとする機体。

ここは対戦するしかありませんね。

 

< さあ〜おいで! >

s-IMG_5859.jpg

 

s-IMG_5862.jpg

 

s-IMG_5862-2.jpg

遊び心があって楽しそうですね。

まるで空飛ぶお絵描きジェット。

こんな機体は初めて見ました。

この可愛い絵を採用したJALにアッパレ!

何事も遊び心が大切ではないでしょうか。

 

s-IMG_5862-2-1-2.jpg

小さい秋

< 今日から十月 >

s-IMG_5982.jpg

薄曇りでも所々に青空が見える出雲の空。

いよいよ今日から十月に入りました。

気持ちも消費税も新たに今月もスタート。

暑くて衣替えも来週辺りからでしょうか。

 

s-IMG_5987.jpg

昨日県外を出発した貨物が入荷ラッシュ。

大量の木材を荷卸ししてくれたようです。

早朝よりご苦労さま。

今日から取扱商品の消費税は10%。

今後の景気の落ち込みが気になる朝でした。

 

< 秋風に揺れる >

s-907ec5f9c86096cb96052b9149f09668_m.jpg

 

s-907ec5f9c86096cb96052b9149f09668_m-1.jpg

昼間の夏日の余韻が少し残る夕暮れ時。

ススキの穂が秋風に揺れる小さな秋を発見。

虫の音もひと際賑やかになってきました。

秋の夕暮れは心なしか寂しさを感じますね。

九月の終わりは夏日

< 九月終わりの空模様 >

s-IMG_2388.jpg

九月最後の出雲の空を記録しました。

道端で群生するレモン色の花を主役に撮影。

花弁からしてキク科?それともヒマワリ属。

コスモスとはまた違う種類か親戚関係か。

青空にレモンイエローが映えていました。

 

s-IMG_2388-1.jpg

お昼の最高気温はアメダス斐川で28,6度。

名古屋市内では全国のトップで34,1度!

全国的に夏日、真夏日を記録しているよう。

北上する台風18号の影響でしょうか。

まだまだ警戒が必要な10月を向かえます。

 

s-IMG_2381.jpg

ひとまず、九月も元気に投稿出来ました。

拙い画像をご覧下さり有難うございます。

夏の余韻

< 日曜の黄昏どき >

s-IMG_5918.jpg

九月も最後の日曜日の黄昏どき。

夕方のこの時間気温は27度。

空は秋でも夏の余韻を感じる夕暮れでした。

テレビは「ちびまるこ」が始まったのかな。

日没時間はもう17時台に入りました。

 

s-IMG_5919.jpg

 

s-IMG_5922.jpg

今日行われる予定だった地区の運動会は中止。

これで二年続けて運動会は写せませんでした。

8%最後の週末

< 神無月の豆助 >

s-10_1280x800.jpg

もうすぐ10月に入りますね。

今年も残すところあと三ヶ月ほど。

ほんとうに早いですね。

10月1日からは消費税もアップ。

お店側の対応もさぞかし大変でしょう。

いよいよ8%最後の週末を迎えました。

 

< マイメロディ >

s-IMG_1990-1.jpg

「おじいちゃん!だ〜いすき〜!」

「あした♪マイメロちゃん♪かってぇ〜!」

 

s-DLARGE.jpg

こんな駆け込みおねだりは日常茶飯事。

10%になっても関係ありませね。

さて、最後の駆け込みはあるのでしょうか。

照葉樹林

< 亜熱帯の森 >

s-IMG_1384.jpg

亜熱帯の森の中に足を踏み入れました。

見上げるとまるで絵に描いたようなリーフ。

リーフ模様は自分好みの柄のひとつです。

 

s-IMG_1387.jpg

 

s-IMG_1388.jpg

 

s-IMG_1389.jpg

森の木々に差し込む木漏れ日が心地よく、

散策するだけでも大自然に癒されました。

魅惑の大型犬

< 君の名は? >

これまで遠目では見かけた二匹の大型犬。

その華麗な散歩に誰もが驚いて立ち止る。

「何だ?この犬は?羨ましいほど足長!」

気になっていたが怖くて近づけない自分。

今日は恐る恐る声を掛けてしまいました。

 

s-IMG_5747.jpg

「ステキなワンちゃんですね!」

「カメラで写させてもらえませんか」

リードを持つ飼い主さんに許可を戴いた。

というか女性だったので声を掛けました。

ありがとうございます。ロシアの犬ですよ。

ですから「暑さ」に弱いんです。

「素敵ですね!初めて見ました」

自分の口から「ステキ」が出たのは不適切。

犬種も名前も忘れるので安易に聞けません。

この前見掛けたときはもっとフサフサの毛。

長い毛を大胆にカットされたのでしょうね。

 

s-IMG_5750.jpg

それにしても、背中がぼくのへその上。

飛びかかると雄に肩を抱え込まれてしまう。

まさにロシア原産の巨犬ですね。

「めちゃ高価な犬だろうな」

「めちゃよく食べるだろうな」

「シャンプーやブローが大変そう」

「二匹が夜泣きし始めたらご近所迷惑」

「移動は専用車が無いとクラウンでは無理」

「軽トラだと乗れても見栄えが悪いかな」

などなど、余計な想像を巡らせました。

 

< BORZOI >

魅惑の大型犬!

ロシア原産の俊敏なる巨人。

その名は、「ボルゾイ」

s-5b9913b315e9f96b80349934.jpg

「ロシアの犬」でヒットした画像は、

小さな耳と長い足がとても優美で華麗。

オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の

貴族たちが好んで飼っていた。

この犬種ではないでしょうか。

因みに、ぼくは大きな福耳と短い貧足。

獲物を見つけると時速50Kmの俊足。

毎日二時間ほど広い場所で散歩が必要。

ぼくが獲物にならなくてよかったです。

手を舐められたときは正直震えました。

飼い主さん!ありがとうございました。

秋の風に吹かれ

< 秋風 >

s-IMG_5671.jpg

日本海の高気圧に覆われ穏やかな秋日和。

朝の気温は15度から昼過ぎには25度。

ひと月前は25度から昼過ぎには35度。

この差は体への負担も格段に違いますね。

 

s-IMG_5675.jpg

 

s-IMG_5673.jpg

乾いた秋風に吹かれ平穏の幸せを感じます。

 

s-IMG_5676.jpg