静寂

< 波紋 >

s-IMG_8377.jpg

 

s-IMG_8378.jpg

 

s-IMG_8396.jpg

 

s-IMG_8397.jpg

 

s-IMG_8398.jpg

ゆっくりと波紋を広げる冬の水鳥。

見てるだけで癒しを感じさせます。

自然の中に生かされ心の中も穏やか。

ひと時でもコロナの不安報道を忘れます。

旅支度

< もう帰ろうよ >

s-IMG_1541.jpg

ここ、出雲の國の人たちは心が温かい。

でも、いつもと違って何故か暖か過ぎ。

日向ぼっこのこの時間は気温も16.6度。

みんな!そろそろ「もう帰ろうよ!」

 

s-IMG_1488.jpg

 

s-IMG_1496.jpg

 

s-IMG_1512.jpg

来週はまた寒波も降りてくるようです。

もうちょっとここに「おいでませ」

たかが一週間、されど一週間

< 吹雪に佇む >

s-IMG_3516.jpg

 

s-IMG_3487.jpg

一週間前のこの日は吹雪に佇むタンチョウ。

この時の最高気温は1,8度(14:30分現在)

今この時間の気温は14,6度(12:30分現在)

 

s-IMG_3430.jpg

二月の真ん中でこの気温の差は不思議な体感。

今日は二ヶ月先を生きてるような感覚ですね。

「たかが一週間、されど一週間」

君は、誰

< Private Jet >

s-IMG_6742.jpg

いつもと違い軽快な音で降りてくる機体。

「君は、誰?」とカメラを向けてみました。

 

s-IMG_6745.jpg

プライベート用かビジネスジェットか。

こんなのに乗れるのは特別な方ですね。

顔が見れるはずもありません。

 

s-IMG_6747.jpg

まさか、ZOZOの前の社長さん。

まさか、芸能界の有名芸能人。

まさか、IRに関係する大物代議士。

色々想像を膨らませてくれるジェットでしたね。

春の足音

< 建国記念の日 >

s-IMG_8022.jpg

建国記念の日の祝日の今日は快晴。

この時期にしては珍しく抜ける青空。

二月に入って天候も極端に変わりますね。

気温も二桁に上がり日射しの下は小春日和。

春の足音を感じた方も多かったでしょうね。

 

s-IMG_8023.jpg

夕方には雲が空を覆い天気も下り坂。

明日は「傘」の出番でしょうか。

日没の余韻を記録して帰りました。

 

< 雨の足音 >

s-IMG_8192.jpg

 

s-IMG_8195.jpg

薄暮に浮かぶ月

< 如月の満月 >

s-IMG_7890.jpg

昨夜はとても綺麗な満月でしたね。

夕日と交代するかのように現われる月。

時間帯も良く薄暮に浮かぶ如月の満月。

夕日と満月をダブルで堪能できました。

思わず見上げた方もあったでしょうね。

 

s-IMG_7897.jpg

 

s-IMG_7899.jpg

日曜の黄昏時に

< 如月夕照 >

s-IMG_7881.jpg

♪日曜日に会おうよ 黄昏どきに・・・♪

 

二月に入り初めて夕日指数が【100】点。

日曜の今日は午後から晴れ間が覗きました。

この時期にしては珍しく焼ける雲。

先ほど撮れたての如月の夕日です。

 

s-IMG_7882.jpg

 

s-IMG_7885.jpg

 

s-IMG_7889.jpg

夕焼けハンターには「いい日」でしたね。

冬時雨れ

< 宍道湖冬の日 >

s-IMG_6673.jpg

 

s-IMG_6674.jpg

 

s-IMG_6675.jpg

 

s-IMG_6676.jpg

寒気が居座っているのか新たな寒気か。

じっとしてると肩こりがしそうです。

空も風も湖も見るからに寒そうな冬日。

こんな日はやはり苦手ですね。

一瞬の思わせぶりな青空でした。

立春寒波

< 凍てつく朝 >

s-IMG_6363.jpg

節分から遅れること三日目。

「立春寒波」到来となった出雲地方です。

やっと今季初めての積雪になりましたね。

スキー場やわが家の豆助達には朗報です。

朝は氷点下2度でこれもこの冬最低気温。

手先が悴む凍て付く寒い朝でした。

 

s-IMG_6373.jpg

水辺に冬の珍客

< 野鳥観察 >

s-IMG_3271.jpg

水辺に向かい三脚を立てる大勢のカメラマン。

その一人一人が自分のライバルです。

狙うモデルは「出雲に13年ぶりに飛来」

滅多にお目に掛かれないモデルさんです。

誰が決定的な瞬間をとらえるか集中です。

これで雪でも降ると出雲の鶴居村ですね。

 

< 丹頂鶴 >

s-IMG_3313-1.jpg

 

s-IMG_3374.jpg

 

s-IMG_3377.jpg

 

s-IMG_3377-2.jpg

 

s-IMG_3384.jpg

 

s-IMG_3384-1.jpg

 

s-IMG_3425-1-1.jpg

 

s-IMG_3427-1.jpg

大勢の視線を感じたらしくちょっとお出掛けです。