夕焼け小焼け













< 夕焼け小焼け >













今日は午後から天気も安定。

夕暮れ時は文句なしの「夕焼け小焼け」でした。

これから暫くは天気も安定するようですね。










 

Moon Salto



< Moon  Salto >














見上げると、日中も色々なドラマがあるようです。

機内から見える月は、どんな感じで見えるのでしょうか。

機上からは、素晴らしい光景があるのでしょうね。
















 

パーキングエリア








< PA >





どこからどう見ても違和感が残るパーキングエリア。

白いラインと車止めが印象的でした。

入庫も出庫もできないパーキングエリアもあるものですね。



























 

ことばのチカラ




お母さんが買い物で夢中になっている間



近くのキッズスペースでは、何やら考えながら遊んでいるボクの姿があった。








どうやら、アーチのドアが付いたおうちを組み立てている様子。



こんなジャンボなレゴブロックがあるんだ。会社にも欲しいなあと見ていると、ボクとレンズ越しに目が合った。


ボク!じょうずだね・・・おおきくなったらだいくさんになれるよ」って、

優しく声を掛けると、ボクはすごく嬉しそうだった。






一瞬、恥ずかしかったようだが



そのあと笑顔に変わり、俄然やる気になった様子だった。良かったよかった。

ぼくが掛けたほんの些細なことばが、この子のモチベーションに役に立ったよう。
素直に受け止めてくれたから、ちょっとだけ「ことばのチカラ」になれたようだ。
























 

ためらいのひと時





先週の暖かさは何処に行ったのでしょうか。



コハクチョウ達も、遠くシベリアに帰るのをためらっているかのように見えました。

みんな片方の足だけで、うつむき加減に並んでいました。湖面も冷たそう。
この分だと、もうしばらくは滞在していることでしょうね。

今日は夕方から急激に気温も下がってきたようです。明朝は路面が凍らなければ良いのですが。
























 

凛とした朝

 


九州での出張から帰り、出社した今朝は



昨夜からの冷え込みで強烈な放射冷却、身が引き締まるような凛とした空気でした。
水たまりは一面氷が張り、恐る恐る歩きながら撮影しました。この空だと、今日は久しぶりに青空が拡がりそうです。







ちょうど東の空には



出雲縁結び空港8時発、JAL1622便(IZUMO→TOKYO)が飛び立っていきました。
今日は快適なフライトでしょうね。

































































何にでも挑戦

 

 木曜日の今日は、仕事が終わってからは華道部のレッスン日。
 ぼくの新しい相棒、PowerShot Nのカメラの練習を兼ね、完成したところで撮影させてもらいました。




 最初は、あっちゃんの作品

 夏らしい感じ、葉の模様がエキゾチックです。





 さっそく、クリエーティブショットで連写。

 絵画調にアレンジ。





次は

おしとやかモード。






エキゾチックモードでしょうか。ちょっと派手過ぎモードに見えます。







 次の方は、よっちゃんの作品。

 あっちゃんの作品と違って、空間が広く伸びやかな作品です。






 ちょっと、やってみましょう


モノクロでありながら、色を想像させられます。








 おもいきりハイキー調。








 個人的にはこれでしょうか。








ほかにも

こんな感じにも写っていました。









 そして、最後はクミちゃんの作品。

 よっちゃんと同じように見えますが、ぼくが画像を間違えたのでしょうか。取り違っていたらごめんなさい。







  
いや、赤い葉の配置が違います。これだと思います。










これは、メリハリの利いた絵画調でしょう。









 もう誰がどの作品だったか分からなくなりましたが、どれをとっても秀作ですね。











 その傍らでランニング部のキャプテンが、長椅子にどかっと座ってシューズをモジモジ。

 こんなシューズが








 こんな画像になりました。臭そうな画像といったところでしょうか。






 その後ろで、高橋課長がホワイトボードに向かって

大股広げて明日の予定を書いていました。








 なんとこれが

 レトロな感じになりました。昔の映画を見ているような。








 おまけに

 こんなメタリックな画像も残されていました。


 せっかくみなさんの爽やかな作品が、臭い画像で終わってしまいました。
 さっそく、後半の画像は一括削除します。
























気になったら近くに寄って

 



 夕方、車を走らせていたら、やけにアピールするものが目に入りました。

 斐伊川の水の流れが、長い旅を終えもうすぐ宍道湖に注がれようとする、下流最後の橋「灘橋」。以前からこの朱色は、時たまぼくにアピールしていました。




興味津々、

 わざわざ近くまで行き、土手を降りて確認することにしました。やはり、燃えるような朱色、かなりの迫力でした。遠目も良いですが、気になったら近くに寄ってみるものですね。


















駅伝部がまたまたやってくれました

 

 今朝出社すると、ぼくの部屋の応接テーブルの上にわざとらしく

賞状とパンフレットが置いてありました。どうやら、キャプテンが報告がてら置いていったようです。
この意図は、きっとぼくのダイアリーでお知らせして欲しいのだろうと察しがつきました。




一週間前は1位と3位、今回は2位と3位。良く頑張りましたので喜んで紹介させてもらいます。
手前味噌で恐縮ですがお許し下さい。

昨日の「第18回 荒神谷健康駅伝大会」は、生憎の雨の中、開催が決定されたようです。正直、こんなので走るのだろうかと、ぼくも半信半疑で会場へ行ってきました。



案の定、

お天気なら外で行われる開会式も、公園の管理棟の中で行われていました。中は超満員、外から窓越しに覗きました。



みんなは来ているのだろうか

いましたいました。窓際に座って話しを聞いています。今朝の天気同様、ちょっと表情がいまいち冴えませんね。



それもそのはず
 
 雨が降り続いています。とても止みそうにありません。




開会式も終わり

最初は、「子供の部」が先にスタートの準備に入りました。


雨の中、

それでも元気良くスタート、子供は元気なものです。





ぼくの目の前を走り抜けていきます。




もうこの頃、

「一般の部」が準備につきました。一区の走者は、寒そうに腕組みをしている木村木材Aチームは副キャプテンの「高橋選手」。口元に手をやり暖めているのがBチームは、ペコちゃんこと「飯島選手」です。冷たい雨の中、みぞれも降ってきました。





号砲が鳴り

いっせいにスタートするところです。






早くも先頭を陣取ったゼッケン番号「27-1」高橋選手、「26-1」飯島選手はちょっと抑え気味にスタートしているよう。




しかし、

周回して来る頃には、Bチーム飯島選手がトップに躍り出ていました。この時点、高橋選手は3位です。「上位独占で行けよー」と祈りながら見守りました。





二区の襷を待つのは、オジサンこと「園山選手」。期待できそうです。





何と言うことでしょう、高橋選手がトップで来たではないですか。園山選手ならこのままいけそうです。




遅れることBチーム、イケメン和田ちゃんこと「和田選手」に無事、襷が渡りました。




いつもながら足取り軽く、ピョンピョン走って行きました。




その頃

おじさんトップでやってくるではないですか。安定感のある力強い走りです。
走り終わり、彼と話しましたが声が何故か?ガァーガァー声。「どうしたの?」って
聞いたら「昨夜、カラオケ歌いすぎました」。とてもひどいかすれ声でした。






それにしても、雨が降り続きます。和田選手もやってきました。




ちょっと、黄砂交じりの雨でも飲んでいるのでしょうか。軽い水分補給なのか。





その後は、完全装備の消防チーム。日頃からの消火活動、雨だから頑張れることもあるでしょうね。それにしても走りにくそうでした。




3区は今回初参加の助っ人、ちょっとハーフぽい池メン「石川選手」。見た目にも走りそうな体型です。





無事、トップでオジサンから襷が渡りました。




なかなかいけそうです。






お〜い!カメラ目線で襷を待っているのは、わが家の「若旦那」。これまた夜勤明けで、今朝5時過ぎに帰ってきたそうです。朝飯も食わずに大丈夫か?。






和田選手から襷を受け取るところです。





表情が急展開、走る気満々のようです。




そのころ、すでに石川選手が見えてきました。トップです。




遅れること

若旦那もやってきました。楽しそうに走っています。



キャプテンに誘われること、今回で二回目。「二度あることは三度ある」になりそうです。





Aチーム4区は二度目の出場、育メン「藤原選手」です。なぜか、この時に限ってレンズが曇ってしまいました。





ソフトフォーカスな世界の中、池メン「石川」から育メン「藤原」に襷が渡りました。





このコースは知り尽くしています。期待してよいでしょう。






おっと、出ましたBチーム四区は「木村専務」。雨天用蛍光色のシューズでしょうか。






若旦那から無事襷を受けました。






藤原選手!ごめんなさい。ソフトフォーカスのままです。それにしても、軽快な走りでした。







やっと、レンズもクリアーになったところで専務が走ってきます。






やっぱり、シューズに目が行ってしまいます。目の前を走り抜けて行きました。




おっと

キャプテン「喜一郎選手」、いよいよ実力派のアンカーの出番です。




藤原選手から2位で襷を受けました。




さあ!行くぞ!って感じです。




絶対!抜いてやるぞ!って感じに見えます。




しかし、

トップを走る中国電力のアンカーとの差は200メートルくらいはあるのでしょうか。




そのとき、

Bチームも、専務からアンカーのユウジこと「佐藤選手」に襷が渡ろうとしています。




みんなランナーらしくなりました。






がんばれ!「ユウジ!」って、ぼくは声を掛けましたが本人は知らないと思います。




キャプテンも最初の周回コースにやってきました。さすが、安心して見ていられます。






ユウジ大丈夫だろうか。




ゴール付近では

どうやら、キャプテンは抜くことが出来なかったようで、中国電力さんが1位でゴールしました。




そのあと

キャプテンも見えて来ました。




残念でしたが良く走り、第二位でゴールインしました。






走り終わった選手の目線の先には






「ユウジ」が見えてきました。





無事、ゴールイン。良く走りました。





本人も満足気の様子。それにしてもこの表情、誰かに似ています。女優のおばさん役・・・名前が出てきません。ご想像にお任せします。




走り終えた頃

雨もやっと止み、みんなで記念撮影をしました。みんないい笑顔、かっこイイ奴らばっかりでした。





二週連続の駅伝大会上位入賞!駅伝部に一足早く春が訪れたようです。冷たい雨の中、みんなほんとうに良く走ってくれました。
お疲れさまでした。









とんどさん

 

 偶然通りかかったら小正月の伝統行事、「とんどさん」をしている光景がありました。

町内総出でしょうか、長老、若い者、子供たちの声が聞こえてきます。ぼくにはとても懐かしい光景に見えました。




大人たちが正月飾りやお札、こどもたちの書初めなどを投げ込んでいます。




この伝統行事を見ていたら、地域のコミュニティーや絆が感じられました。餅やするめを焼いて、しばし和やかなこの光景。これからもずっと続いて欲しいものです。

そういえば、1月14日に行われてきた「とんどさん」。この日は、ぼくの結婚記念日。
披露宴客のもっぱらの話題は新郎新婦にあらず、「帰ったら「とんどさん」せんといけんわ・・・」でした。

「とんどさん」が行われるこの日は、ぼくにはこの会話が忘れられない日となっています。