晩夏の夕暮れ

 

 

< 晩夏暮色 >

夕日ハンターが散歩の途中、魅了された昨夕の暮色です。

ダイナミックな夕焼けを見つめた方も多かったでしょうね。

 

s-IMG_7474.jpg

時刻は18時55分。落日の上には雲が覆っています。

もうこの時点で今日は何かが起こると確信できました。

 

s-IMG_7490.jpg

19時ちょうど、ぼくの予感が当たりました。

まさにこの時季ならではの晩夏の暮色です。

 

s-IMG_7492.jpg

 

s-IMG_7493.jpg

夏の甲子園決勝戦の熱戦の余韻が残る夕暮れ時。

きょうは二度もわくわくさせてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

智弁学園だあ〜W

 

 

 

 

< 智弁カラー >

第98回 全国高校野球選手権大会組み合わせ抽選会。

地元出雲高校は智弁学園との初戦が決まりました。

自分の予想は 関東一か横浜か履正社だった。

対戦を希望していたのは沖縄代表「嘉手納高校」

それはいつものことながら第二の故郷だから。

 

島根代表「出雲高校」 VS 奈良代表「智弁学園」

全国の高校野球ファンの予想はどうだろう。

100人中、何人の人が出雲高校優勢を予測するだろう。

さっそくその日 出雲の夕空も反応しました。

 

s-IMG_6444.jpg

空を覆い尽くす春夏連覇に挑む「智弁カラー」

迎え撃つ白を基調とした小粒な「出雲カラー」

そんなイメージでカメラを向けました。

 

さっそく、

智弁学園野球部応援掲示板では

「初戦はなんとかなりそうだね」

「いきなりきましたボーナスステージ!」

などなど 数々の浮かれた投稿を見ました。

 

s-IMG_6440.jpg

ぼくの予想は 序盤から智弁カラーに暗雲が立ち込めるはず。

5対4で出雲高校が守り切るパターンを予想しました。

過去から甲子園には魔物が棲んでいるといわれます。

とくに数々の優勝候補や名門校が初戦で涙を流しました。

 

明るく爽やかなプレーで「あっぱれ出雲高校!」

智弁カラーの大応援団から賞賛の拍手が聞こえてきそうです。

この日はそんなイメージ通りに染まった夕暮れでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けLive

 

 

 

< 夕焼けLive >

 

今日は7月29日、7月もいよいよ最後の金曜日。

たった今  撮り終えたライブ画像をお届けします。

始めは控えめな夕暮れの空でした。

それがだんだんとオオカミに変貌。

誰かさんがお酒の量が進むのと一緒。

期待以上に赤く焼けてくれました。

まるで 今絶好調の広島カープのようです。

それはそれとして今机の向こうでは、

プレカットCADの原課長がPCでポチっています。。。

忙しいようで残業中、どうもお疲れ様。

ぼくは投稿が終わったのでお先に失礼します。

彼のアリバイの証明はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大暑の夕刻

 

 

< 大暑の夕刻 >

一年でいちばん厳しい暑さと言われる大暑の頃。

日中の暑さも峠を越し涼しい風が吹いていました。

今日も静かに一日が終わろうとしています。

どんな季節でもあっという間の一日ですね。

いちにち一日大切にしなければいけないのに・・・

自分はいったい何をしているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の夕暮れ

 

 

 

 

 

< 夏の夕暮れ >

梅雨明けして初めての夕日ハンター。

フィールドも夏の夕暮れらしい空が広がりました。

田圃から少しひんやりとした心地良い爽やかな風。

夏虫の鳴き声と一緒に何故か秋の匂い。

一瞬 「もう秋?」と思わせるその素は乾いた干し草の匂い。

振り返るとまん丸のお月様。風情ある夏の夕暮れでした。

 

s-IMG_5764.jpg

 

s-IMG_5768.jpg

 

s-IMG_5763.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕彩

 

 

 

< 夕彩 >

天の川は見られそうにもない七夕の夕暮れの空。

それでも夕暮れの彩を求めいつもの場所。

七夕の日の優しい彩から燃えるような彩まで。

夕日ハンターのいつもの徘徊です。

最期まで結構楽しませてくれました。

 

s-IMG_5369.jpg

 

s-IMG_5374.jpg

 

s-IMG_5377.jpg

 

s-IMG_5391.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至に向かって

 

 

 

 

<夏至に向かって>

s-IMG_4526.jpg

 

s-IMG_4535.jpg

 

s-IMG_4539.jpg

夏至に向かって夕暮れが遅くなりました。

夕日ハンターにとっては時間的ゆとりが嬉しいですね。

この時間、時計は7時を回ったところ。

冬至の頃とは格段の時差。

梅雨時らしい穏やかで綺麗な夕暮れでした。

 

s-IMG_4233.jpg

おまけに車のリアガラスにも映して見ました。

自然が描く美しいグラデーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車も人も一旦停止


< 梅雨の夕空 >

どんよりとした梅雨らしい夕空が続く出雲地方。
そんな日でも夕日ハンターは巡回です。
わずかな夕焼けを期待して決して諦めません。
我慢強く待った者だけが見れる綺麗な光景もあります。



ここでは「止まれ」に我慢できない人を多く見かけます。
右を見ても左を見ても遠くまで見渡せる田舎の交差点。
ここは法令順守の人間性が問われる十字路です。
農作業を終えた軽トラのオジィーやオバァー。
勤めを終えたオバサンから若い氏まで。
たまに通り過ぎる車は止まらないのがルールのよう。
車も人生も身を守るため一旦停止は必要でしょうに。
ヒューマンエラー。うっかり見落としは付き物です。
ぼくは歩いて一旦停止。そこから横断しました。
事故が多発したので「止まれ」になったでしょうにね。












 

雨上がりの夕空




<雨上がりの夕空>

やっと雨が上がった一週間の始まり。
五月もこれが最後の夕空でしょうか。
空気が澄んで綺麗な発色を見せた出雲地方です。
新鮮!夕採れ画像。今週もまた始まりました。
五月から六月にバトンタッチですね。








 

満月





< 満月 >

今日は満月。やはり何処となくパワーを感じます。
何か願い事でも叶うのでしょうか。
そんな思いで月の出を待ちました。
これから夏至に向かいまだまだ南下します。