離乳食

 




今朝、いつものテレビが消されていました。





静かな台所で







覗き込むと、上の孫が食事中。


集中するよう、ママがテレビも消したらしい。



それにしても、最近は乳児にも配慮したスプーンがあるものだ。

















どうやら、爺さんが邪魔したみたいだ。


カメラを向けるカメ爺に、孫からの冷たい視線。


母親からも叱られた。


カメ爺は、孫が何をやっていても興味津々。


叱られても、これからもカメラを向けます。


























食欲の秋








今朝も穏やかな秋晴れ。

そして、会社も明日から3連休。

というわけで、

トラックに乗り込むドライバーさんたちも、心なしか明るい表情。

この調子で、今日も笑顔でお客様に対応して欲しいものです。







朝一番、いつもの会社廻りの状況確認。


なんと、今朝は絵になる雲がぽっかり浮かんでいました。

お解りでしょうか、右から二番目がミスタードーナッツ。










そして、左端が





ぼくには、「プードル」のワンちゃんに見えていました。

ちょっと想像し過ぎなのでしょうか、スマホでズームしたら画像が粗くなりました。









そんな今日は、所属する松江の会社の定例役員会。





会場はいつもの お食事処「福や」さん。いままでも、たびたびご紹介しています。

青空の下、緑がいっそう綺麗に見えました。







「福や」さんといえば、お昼どきはいつも満席。





今日のメニューは「白身魚のあんかけ」

どうやら、「肉コース」と「魚コース」があるようですが、この会はご高齢者ばかり。

毎回、魚コースが出てきます。たまには「肉コース」も食べてみたいのですが。







食事を済ませ、アフターコーヒーが出てきたら会合に入ります。

今日の議題は、珍しく最初から仕事の話題。

そして、いちばん時間を割いたのは「台風19号」の話題でした。

平成3年、当時、地元でも大変な被害が出た「台風19号」

役員のみなさまから、当時の被害状況の報告がたくさんありました。

スーパー台風と呼ばれる 今回の台風19号。

みなさん一様に、「被害が出らんと良いのだが・・」と心配されていました。









今日の「あんかけ風」をどれだけ美味しそうに写るか挑戦。

料理の撮影は、やはりプロのものですね。



この連休、みなさまも十分に台風情報に気を付けてお過ごしください。






























 

赤月下






日本中の人が見上げただろう昨夜の皆既月食。

今朝のテレビや新聞で、プロが写した画像で見た方も多いはずです。



お約束通り ぼくも観測に出掛け、拙い画像を少しばかり残せました。

プロの方には遠く及びませんがご紹介します。







この日の満月は、このように静かに昇って来ました。





ここは宍道湖の西岸、ぼくのいつものフィールドです。

見渡す限り、遮るものは何ひとつありません。

心配していた雲もなんとかセーフ。















レンズを交換して、超望遠で確認。

これが、やがて皆既月食を迎える満月。

この時点で、すでにワクワクします。













日が落ちて暗くなると いっそう赤みを帯びてきた今宵の満月。

対岸の松江の街並みに灯りがともり始めました。

肉眼で見ると とても綺麗な月昇、なかなか良いムード。

やはり、人間の目に勝るものはないようです。











さあ、撮影に入りましょう。





もう辺りは真っ暗。月の明かりだけが頼りです。

予定時刻になると、部分月食が始まりました。

最初は雲かなあと見間違っていました。








国立天文台の時間はぴったり





約半分のところまで影が出来た頃です。

このままでは暗く見えなくなってしまうのでしょうか。











てっぺんにわずかだけ明かりが残り、皆既月食までもうすぐでしょう。








そうこうしていると





ぼくの心配とは裏腹に、赤みを帯びた月が浮き上がってきました。












この時間、地球の影にすっぽりと覆われ、皆既月食のピークを迎えたようです。











カメラの設定はマニュアルモード。

ピントはもちろん、ISO感度・露出・シャッタースピード・ブレ対策。

真っ暗な中、いろいろ悩ましいところです。




このとき、カメラを持ってきた息子夫婦が撮影に合流。

三脚は奪われるや 何かと指導方々で、自分の撮影は終わってしまいました。









それでも未練がましく、

寝る前にもう一度撮影。





すっかり月食から抜けた綺麗な満月。

澄み切った秋の空、今宵の満月は格別でした。













ぼくの技術と機材ではここまで。

手前味噌ですが、月の撮影が少し上手になった気がします。








ホワイトバランスを変えると





ブルームーンになってしまいました。

カメ爺は、ちょっとかまい過ぎたようです。



今宵の皆既月食は天気にも恵まれ、時間もちょうど起きている間。

赤月下の月光浴、十分楽しませてもらいました。






































 

今日は何の日<皆既月食>








10月8日(水)


今日は待ちに待った皆既月食の日 

天文ファンならずとも 興味がある方も多いと思います







朝のコンデションは文句なし どこを見渡しても雲ひとつない快晴の出雲地方です











さて 今日の画像は



                                                                                                                              2014/10/07  17:35

月が昇った昨日の夕景です

夕方になると やはり雲が多くなりました







今は天気も良さそうですが



                                                                                                                                 2014/10/07  17:29

夜の予想では 雲と雲の合間で月食を観測かなあと思います











                                                                                                                                 2014/10/07  17:44

今宵は この月がどんな表情に変わるのでしょうか



みなさまも 今夜は月光浴を楽しみませんか



詳しい時間等は 「国立天文台」のHPでご確認ください
             ↓

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2014/lunar-eclipse.html






































 

色づくころ





心地良い秋空が広がる出雲地方です。





今朝この時点の気温も12.1℃、ずいぶん気温も下がるようになりました。

社内でも、さすがに半袖の姿はなくなりました。去年は未だ居たようですが。

明日は二十四節気の「寒露」 野草に冷たい露も降りる頃になったようです。








そんな今日の画像は、ちょうど一年前





サルビアの花の咲く丘を撮影していました。青空とのコントラストがとても綺麗でした。


赤いジュータンを敷き詰めたようなサルビアが咲く丘、今年も咲いているのでしょうか。












山々の木々も





そろそろ色づいてきたのでしょうか。



原手に暮らしていると、妙に山手のことが気になる今日この頃です。

ちょっと足を伸ばして見ようかな・・・























 

華やいで









台風18号は東に進路をとり、直接の影響がなかった出雲地方です。






よほど強い台風だったのでしょう 吹き返しの風でどんどん雲が流れて行きます。

これから、お昼にかけて首都圏に接近しそうな予想、被害が出ないと良いのですが。









そんな一週間の始まり、





今朝の地元新聞の一面は、典子さまと国麿さんのご結婚。

その隣には、錦織 圭選手の楽天オープン優勝の記事。

どちらも地元島根の明るい話題、とても華やいだ新聞のトップでした。









そこで、今日の画像は祝賀ムードで




























披露宴で持ち帰ったテーブルフラワー、久し振りにマクロレンズで接写してみました。



明るい題材は良いものですね。






 
JUGEMテーマ:


































 



















 

友人の結婚式

 












昨日は友人の結婚式。この日が来るのがどんなに待ち遠しかったことか。


久し振りにぼくも白いネクタイ、二人の笑顔を見たら嬉しくなりました。
















親子ほど歳が離れたこの友人は、交際を始めた頃に彼女を連れて来ました。

ぼくが夕食中、勝手口から上がってきてそのまま夕食に合流。

連れてこられた彼女もいきなりの台所。

わが家とこの友人の関係、多分びっくりしたと思います。











とても穏やかで素朴な彼が、





まさかこんなに早く結婚までこぎつけるとは思ってもいませんでした。


それほど女性には億劫な性格。彼にはもったいないほどの可愛い女性でした。


終始、嬉しくてしょうがないほどの満面の笑み、ほんま幸せな奴です。












新郎はほとんど写さず、




























新婦を中心に写させてもらいました。


会場には専属カメラマンが二人も居ましたので、新郎はそちらにお任せです。














しっかりと、おいしい料理もいただきました。













終始、和やかな雰囲気の中






ぼくも泣いてしまいました。この場面だけは、どうにもこうにも弱すぎです。

















今日は、お二人からたくさん幸せのお裾分けをもらいました。

末永くお幸せにと、願わずにはいられません。















この日は天気にも恵まれ、素晴らしい佳日となりました。



そういう訳で、「今日は会社みます」となりました。





























 

君はだれ






ラジオを聴いていたら、ホシザキグリーン財団の観測で今年もマガンの初渡来。

宍道湖西岸の中州で、数羽のマガンが観測されたようです。

いつものフィールドに、本格的な秋を告げるマガンの渡来。


さっそく、観測に行ってきましたが、その姿は見れませんでした。

その代り、ぼくを出迎えてくれたのは






老人 「君はだれ?」

鳥 「ボクは・・・ウ」












老人 「ウ(鵜)鵜飼いの鵜? それで君は海鵜?それとも川鵜?」

鳥 「自分でもわからん・・・」












老人 「ここ宍道湖は汽水湖、ということは海鵜なのか?」

老人 「それにしても、君はちょっと品に欠けるなあ」

鳥 「・・・ほっといてくれ・・・」










老人 「ぼくはどっちかと言うと、こっちだなあ」












鳥 「ジジイ老人なんか嫌いだ!」




マガンのはずが「ウ」、今日はそんな会話を楽しんで帰りました。














































 

雨上がりのコスモス













昨日は、終日久し振りの雨。稲刈りも途中で終わられたようです。

どんよりとした雲の下、コンバインを覆ったシートがやけに目立っていました。

農家の方も一休みといったところでしょう。









夜半からの雨もやっと上がった今朝は





雨上がりのいつもの光景。

せっかく乾燥が進んでいた木材も、今朝はたっぷりと水分を含んでしまいました。

これから秋の風が吹けば、水分もまた放出してくれるはず。












雨上がりは、緑がいっそう綺麗に写ります。

スマホのカメラも今朝は摸写力を発揮してくれました。

気温の違いなのでしょうか夏と違い、秋はひんやりと爽やかな体感。









せっかくなので、近くで何か探して見ることに





ほとんど人の目に触れない、民家の裏で咲いていました。

秋を代表する花 コスモス。

「写して写して・・」とぼくを呼んでいたようです。

枯草や背景のネットをぼかし、思いっきりハイキー調に写してみました。










次回は、じっくりと一眼レフで挑戦です。








































































 

祝事を迎える出雲大社
















昨日は10月の月例拝、出雲大社にお参りしました。

今回で、今年は二十拝目の参拝。今年も残すところ、あと5拝の予定です。











時刻も夕方に差し掛かり、参拝客も少なくなってきたのでしょうか。

このくらいがちょうど良い環境、静かに集中して参拝できます。







しかし、ちょっと甘かったようです。
















次から次から、団体のお客様が控えていらっしゃいました。






今回、とりわけ気になったのが、高円宮典子さまと千家国麿さまとのご結婚の祝賀ムード。

境内では、とくべつ華やいだ慌ただしさは感じられませんでした。









そうは言っても、お迎えする千家家では粛々と準備を進めていらっしゃることでしょうね。


ここ出雲大社では、10月5日は皇族家からのお嫁入り。

国民が注目する  ひと際華やいだ慶事が執り行われる場所となりそうです。