宮古ブルーを見てみたい

 

「海と砂浜は東洋一。静けさと穏やかさで、まるで時間が止まった島」と絶賛した
元タレントの島田紳助さん。

ぼくには、ずっとこの言葉が耳から離れることはなかった。
生きてる内に、一度はこの目で見てみたい・・・そんな憧れで始まった今回の旅。


一番の目的は、
東洋一美しいといわれる宮古ブルーを網膜に焼付け、見たままの色を画像に残すことでした。






出発時刻を遅れること5分。

那覇空港27番ゲートを離れたJTA565便は、急ぎ滑走路に向かった。
空港周辺の空は南国特有の青空がどこまでも広がっています。
今回だけは、弟が住んでいる本島には日程の都合で寄れません。







一気にフルスロットル。こうなるとあっという間に機上の人になります。

高度を上げる途中、

まもなく眼下には美しい海と島、これは慶良間列島だと思います。渡嘉敷・座間味の島々でしょうか。
綺麗なエメラルドグリーンのリーフに囲まれた島々。
夢中で覗き込んでいると、この先どんな色が待っているのだろうかとワクワクします。







そこから、ぐんぐん高度を上げると

もう一面ブルーの世界。普通ならこれからが退屈する時間となります。






水平飛行に移ってから、ものの30分くらいでしょうか565便は早々と着陸態勢に入りました。


眼下には、ぼくが産まれて初めて訪れる島、宮古島のようです。










エメラルドグリーンから藍色に染まるグラデーションの海。


これが宮古ブルーなのでしょうか、綺麗としか表現出来ません。






山という山もなく、比較的平坦な島の印象です。これから高度を下げていきました。






着地の衝撃のあと、宮古空港に無事着陸しました。


ゲートに向かうJTA565便、沖縄独特の赤い瓦屋根が青空に映え、南国らしいターミナルビルです。






到着ロビーでは、沖縄を代表するシーサーが出迎えてくれます。

貝殻を身にまとった迫力満点のシーサーでした。きっと、地元では名が知れた名工の作品なのでしょう。






おっと

泡盛コレクターのぼくには、すっかり忘れていました。菊之露は宮古島産、しっかりアピールしていました。





意外なことに

出口では、飲酒運転根絶の襷を掛けた男女のおまわりさん。なんでこんなところに・・・






この意味は、あとになって分かりました。
地元はもちろん、観光客にでも超人気の「宮古島まもる君」シリーズの二体のマネキンだったようです。
宮古島まもる君宮古島まるこちゃん」はこちらから



出口を出て

空港正面から記念撮影。しかし、陽射しがハンパではありません。急ぎ、レンタカーを借りに行きました。







今回、宮古島で走り回るのはホンダフリード。
さっそく、操縦方法とナビのセットの仕方を教えてもらい、ガイドマップを頼りに出発しました。

「何処に・・・」といえば、とりあえず「宮古ブルー」を探すことにしました。






















南の島の小さな港

 

 昨日は暦の上では立秋でしたが、とたんに猛暑が戻ってきました。
そして、阪神甲子園球場では夏の全国高校野球が始まりました。

 
 全国的に猛烈な暑さですが、高校球児には頑張って欲しいものです。
 
 

 
毎日、暑い!暑い!と言わせる元気を取り戻した太平洋高気圧。
そんな、高気圧が居座る南の島。
僕のダイアリーもこれからしばらくの間、宮古島に戻りたいと思います。

 

今日ご紹介するのは、真謝(まじゃ)港。平良市内から車で20分くらいでしょうか。

ひと山越えたところで海が見えてきました。これを下っていくと港です。






  
駐車場にはもう一台のレンタカー。そこに、軽トラックがやってきました。





そこから降りてきたのは、いい色に焼けた海人。

船長さんと若いスタッフ。
そこでみたのは「ウミガメ・奇跡の珊瑚礁シュノーケリングツアー」。
南の島ならではのツアーです。ぼくは船酔いしますのでパス。






港から外海に出港して行きました。ウミガメに会えるなんて羨ましい。




せっかく来たので、ひとまず撮影しました。

船長が乗ってきた軽トラック。






僕以外に誰もいない港です。





防波堤にも誰もいません。






見える範囲では民家も見当たりません。自分だけ。






 
それにしても、聞こえてくるのはときたま木が揺れる音くらい。




10分も外で撮影するとものすごい強い日差し。

東屋の休憩小屋に退避となります。水分補給は欠かせません。






昼の日中とはいえ、誰もいない小さな港。まるで、時間が止まったような不思議な感覚に陥りました。



このあと、もっと時間が止まった場所を見ることになります。







梅雨明けといえば

 
平年より13日、昨年より9日早い梅雨明けとなった出雲地方。

待ちに待った夏がやって来ました。フィールドから見えるこの光景。







間違いなくこれは梅雨明けでしょう。中国山地に発達した積乱雲がはっきり見えます。
緑の絨毯に青空ともくもくとした入道雲、とても綺麗でした。





しかし、ぼくにはこの梅雨明けが待てなくて

一足お先に、羽田から南の島に旅行してきました。このときはもちろん関東も梅雨明けしていませんでした。






降り立ったところは

真夏の青空が広がる那覇空港でした。外に出るのが怖いくらいの強い陽射し、ここで乗換えとなります。







予定の時間を遅れること5分。

ジャパントランスオーシャン565便に乗りました。今回の目的は撮影旅行、昨年の暮れに購入したデジタル一眼と、ひと月前に相棒となったPwoer Shot Nの2機体勢。大切に胸に抱えて乗り込みました。

この後は、のんびりとまったりと一人旅。南の島で撮りとめた画像を掲載できればと思います。
なにせ、二つのカメラで1,700コマ以上撮影してしまったので簡単に整理が出来ません。

期待しないでお待ちいただければ幸いです。




















トロピカルな花は南国で



 
 梅雨も末期かと思わせる雨が降ったこの週末。そろそろ待ちに待った梅雨明けでしょうか。

 そんな雨で始まった日曜日の今日は、溜まってきた画像の現像作業をしました。
 この梅雨を吹き飛ばす思いきりトロピカルな色です。











ぼくの好みではありませんが、こんな日はインパクトがあっていいかも知れませんね。



そろそろ目が痛くなりましたので、目を休ませる画像を探してみました。








 やはり、目に優しい色が癒されます。
 ぼくにはどうしても、、トロピカルな色は夜のネオン街の誘惑に見えてなりません。


 トロピカルな花は、南国で見るに限りますね。














 

名前が分かっても

 

 この季節になると、いつものウォーキングコースで見る花。
 名前すら分からず、なんでこんなところに奇妙な花だなあと思いながら通り過ぎていました。

 この名前がつい先日のこと、いずも花の郷へ行ったときに分かりました。
 これで数年来の謎が解けました。立派な樹木だったようです。なんだ「合歓の木」、聞いたことはあります。







 何か亜熱帯の南国の感じ、アップで写してみましょう。







花というより、ぼくにはピンクのひげにも見えます。







 名前のとおり、じっと見入っていると眠たくなるような妖艶さがあります。







ほかにも

 これはたしか先週、華道部の作品の花材ではなかったでしょうか。








 間違っていたらお許し下さい。覚えにくい名前です。







 風車の模様にしか見えない

 この花の名札は目に付きませんでした。何と言うのか、次の課題が残りました。



 花を写すカメラマンとしては知っておかなければ・・・と思いましたが、仕事にはまったく役に立たないので、知る努力をしないかもしれませんね。





















ひと時の流れ

 

 7月の選挙と、以前から聞いてはいたが今日、参院選が公示された。

今回の参院選では、ねじれ国会がどうなるのかなど感心が高いテーマもあるようだ。







たしかにアベノミクスの効果なのか、1%のお金持ちとヘッジファンドだけを大儲けさせたようだが、それだけで良いはずは無い。






たまたま手にした月刊誌「PHP 6月号」。なるほどと思った。



               定見

 選挙でよく’風が吹いた’と言われるように、マスコミ等に煽(あお)られるまま、何となく投票をする。あるいはかつてのバブル時のように、冷静に考えるとその状況が長くは続かないと分かるのに、流れに乗り遅れまいとして、追随してしまう。

 人は、往々にしてそのときの”空気”に大きく左右されるものである。もちろん、時流に乗る、時の勢いに乗るのも一面必要なことではあろう。しかし、それが理にかなったものなのかどうか。

 世の中には従っていいもの、従ってはいけないものがやはりあるはずである。難しいことだが、それらを正しく見極めることが大切なのであろう。   中略

 一時の時代の流れや空気に翻弄(ほんろう)されない定見(ていけん)を、一人ひとりがしっかりと養いたいものである。

 そういう自分も、これまでずいぶん空気に翻弄され、一時のムードに流され投票したものだ。






























三拍子揃うと

 

 昼前には、突然の天候の急変。
 風雨、雷、竜巻注意報と恐るべき三拍子が揃ってしまいました。

 そして、「止まない雨は無い」との言葉どおり、夕方には雨も止みました。

 久し振りに見るいつものフィールド。
 梅雨のどんよりした雲は残るものの、雨上がりで緑が綺麗でした。





 
 東の空には青空も顔を覗かせています。地面はしっとり、空だけは爽やかなこの光景。
 直感的に良いパターンのイメージが湧いてきました。





 約束どおり

 こんなダイナミック夕景を見ることが出来ました。
 この感が当ったのは長年のぼくの感です。会社に戻る途中、車を停めて撮影しました。


 その視線の前には、配送部の池田君のトラックが通り過ぎて行きました。
 池ちゃん!今日も一日ご苦労様。



 一面の鮮やかな緑、気持ちの良い爽やかな青空、好きな茜色。
 何か良いことが起こりそうな、三拍子が揃った夕暮れ時でした。

















 

彩り求めて

 


 鉛色のどんよりとした空。これで寒かったら、まるで冬の空と同じように見えてきます。
 これが、日本の夏!になるまでの日本の梅雨!とでもいうのでしょうか。

 というわけで何故かこの時季、色物を求め撮影しています。
 



 今日は、かなり腕前を上げたPower Shot Nで撮影したものです。


 女性用の髪飾り?・・・コサージュ?・・・。これだけ彩り豊富だったら目を引きます。


































 すべてに圧倒される画像が残っていました。やはり、被写体は女性に関するものがぴったりのようです。








 それにしても、二万円台のこの「PowerShot N」、表現豊な恐るべし小型カメラでした。



























待ち遠しい光景

 

 ことしも早いもので、今日から7月に入りました。
 ついこの間、お正月に初詣したように思いますが、半年も経ってしまいました。

 季節は夏、といっても梅雨。これから梅雨の末期をむかえると思うと気もめいる方もいらっしゃるので、

 今月のトップの画像は、待ち遠しい「夏」

 梅雨明けの画像を掲載します。気持ちだけでもこんな感じで過ごしたいと思います。


 
 また、仕事の上では、今日から七日まで「全国安全週間」が始まりました。
 スローガンは「高めよう!ひとり一人の安全意識、みんなの力でゼロ災害」
 どこの会社でも、安全がいちばん大切な礎です。

 うっかりミスで、労働災害が起こらないよう十分に注意しましょう。










紫陽花




 この季節 まだ写していなかった紫陽花。
 今日で6月も終わり、ぼくのダイアリーのヘッダーの紫陽花も梅雨明けまでお預け。


 その名残の花、お好きな方も多いと思いますので掲載してみたいと思います。













































  梅雨を代表する季節の花、ことしも紫陽花を思う存分撮影することができました。