大山観望

 

長いようだった年末年始の冬休みも、あっという間に今日で終わり。
そんな日に限って、朝から晴天に恵まれました。

午後からは、お休み最終日のリフレッシュ。というわけでいつものフィールドに出掛けました。



もちろん、今日の目的は大山の撮影です。予感が当たっていました。










撮影機材は万全、レンズも各種持参しました。山陰では貴重な冬のひと時の晴れ間、秀峰大山がくっきり見えました。











600ミリの超望遠で引っ張って見ました。ほぼ真っ白な大山が浮かび上がりました。










日も傾く頃には



「赤富士」ならぬ「赤大山」。気合いたっぷりで良い撮影が出来ました。

それにしても、冬休みも今日で最終日、そして明日から仕事始め。
明日も休みだったらもっと心地良かったのですが・・・。

ご褒美を貰いましたので、明日からまたがんばりましょう。






















































あけましておめでとうございます

 




おかげさまで元気で新しい年を迎えることができました。

明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願いいたします




2014 今年最初の撮影は、初春らしいアレンジフラワーの題材でマクロ撮影です。








例年に無く、穏やかな元旦を迎えました。今年もたくさん花を写しそうな予感がします。









そして、今年の干支は



馬ということで、干支の清酒ボトルを庭に持ち出して躍動感を出してみました。

萬事馬九行久(ばんじうまくいく)

今年は「活発な行動力」が、運を開くキーワードになりそうな感じがします。


今年も、このダイアリーを覗いていただければ幸いです。






















大晦日の夕景

 


今年の大晦日、所々青空も顔を覗かせるお天気になりました。

今年最後のフィールドの夕景を投稿させていただきます。



コハクチョウの集団に驚かされました。おびだたしいその数、大晦日の夕食中のようです。









そこへ



これまたマガンの群れが飛来してきました。まさに自然の楽園、野鳥ファンにはたまらないスポットです。







これまた、今年最後の夕景



今年もたくさん撮影させていただきました。
一年があと7時間ほどで終わろうとしているこの時間、何か普段と違う思いで見ていました。









夕空にコハクチョウの飛翔



ぼくのつたない画像の掲載も、今年最後の投稿となりました。一年間、ご訪問いただいた方々に感謝申し上げます。

みなさま良いお年をお迎えください。












訃報

 

今夕、悲しい知らせが入ってしまいました。
ここ数年、お逢いしていませんでしたが、その間、病と闘っておられたようですが叶わなかったようです。
「しげる君、しげる君!」と、ずいぶん可愛がって貰いました。

高校を出てから一旦写真を止めた僕に、もう一度写真を始めるよう誘っていただきました。
独身だった頃、フジカラーの撮影会に何度も誘っていただいたのは昨日のようです。






二十歳以上も年上だったこの方と、普通に話が盛り上がったのは写真談義でした。



僕にもう一度写真を目覚めさせてくれ 遠く旅立たれた恩師の死、非常に残念です。











心よりご冥福をお祈り申し上げます。







































仕事納めの日

 


今日は、例年より一日早い仕事納めの日。予報の通り、積雪の朝を迎えました。



こんな日に限って、朝早くからお昼過ぎまで、8台の大型トラックが次々と入荷ラッシュ。
遠く雪道を時間を掛け、今年最後の荷物を運んで来てくれました。

ようこそ・ようこそですが、フォークリフトがスリップしてリフトマンは大変でした。
それでも、すべて安全に荷卸しを終え、県内外へとドライバーは帰って行きました。






お昼休み、晴れ間が出てきたので、今年最後の仕事場からの撮影です。



四季折々、毎朝のようにここから写していますが、北山が雪を被ったこんな雪の日も綺麗です。


今年もみんなの頑張りで、無事業務を終えることが出来ました。
社員のみなさんに感謝です。年末年始は、どうかゆっくり休んで欲しいものです。
この一年ご苦労様でした。












































オーガニックケーキ

 




昨夜のクリスマス。我が家に馴染まないような食卓。



和風の我が家で珍しく洋食風。あとは買ってきた鶏肉系が食卓を飾った。家族がそろって食べると美味しい。









これも、一年に一回飲むか飲まないかのスパークリングワイン。
しかも豪勢に金粉入り。生協で注文したらしい、生協?にしては美味しかった。







なによりも珍しかったのが



100%オーガニック野菜で作られたと聞いたデコレーションケーキ。素材は分からないが、こだわりの品らしい。

甘み抑え目で、とても美味しいケーキだった。何よりも家族の笑顔や笑い声が聞こえると疲れが取れる。

とてもおいしいクリスマスでした。








































空飛ぶサンタクロース

 


 クリスマスの今日、鳴き声とともに見上げてしまいました。



頭上にはコハクチョウの群れ。いつもならゆったりと優雅な飛翔のはずが・・・今日はすこし慌てた様子。









カメラ女子、ポストカード風で一コマ。



想像豊かなぼくには、サンタクロースに見えてしまいました。


同じように社内でも、きのうと今日はみなさんが帰るとき、サンタクロースに見えました。

クリスマスが終わると、何か一年が終わったなあという感じになるのは自分だけでしょうか。
























Merry Christmas!

 



 

きょうはクリスマスイブ。傍らのラジオから、クリスマスソングがひっきりなしに流れています。

今日のダイアリーは、そんな感じの画像をご紹介します。すこしでもクリスマスムードにお役にたてれば幸いです。













カップルのみなさまへ。













小さなお子さんに。












ファミリーでクリスマスを過ごされる方へ。












おひとりでクリスマスの夜を過ごされる方へ。





冬至も過ぎるとあっという間にクリスマスがやって来ますね。
























































ちょっとカリブなお二人

 


 

 とりあえずビールでっ!、とはいかず。



カクテルは名前もわからず、ウイスキーはバーボンかスコッチか。何をオーダーしたか定かではありません。











とりあえず



カウンターの中では、マスターが作ってくれているようです。









待ってる間は、



相も変わらず、ぼくはあたりをキョロキョロ。 とにかく異次元な空間に興味津々です。











そこへ、ドアが開く音がして ふと見るとお客様がご来店。



カウンターに座ったお二方、ちょと失礼してモデルさんになってもらいました。















場違いなぼくと違い、何かカリブな雰囲気のお二人でした。こうなるとやはりカリブな感じでカメラを設定。














こんな感じでしょうか。レゲエの音楽でサルサの踊りでも踊れば、まさにカリブの世界でしょうね。












とても雰囲気に良くマッチした、気になるお二人さんでした。失礼しました。












それよりも、ぼくが気になったのは



バンブーの前で何気に光るフロアーランプ、これもいい雰囲気ではありませんか。















それにしても、壁のアートと言い、さりげなく置いてある小物やお店の雰囲気、徹底的にカリブに拘ったマスター。













抜群のインテリアセンスを秘めた方のよう、



今宵はすっかりカリブな世界に染まってしまいました。恐る恐るドアを開けたら、新しい発見もあるようです。


「プチ・ぼったくり居酒屋」もあると言うのに、とてもお財布に優しいカリブBarでした。



































めちゃアートでカリブなお店

 



恐る恐るドアを開け入った「カリブの酒場」。



何と何と、めちゃめちゃアートなお店でした。











どこがどうしたかというと



ボックス席の横には小上がりの間、ライブ用のステージがありました。目に飛び込んでくるのは壁画。











完成度の高いペイント画、これがカリブの雰囲気を醸し出しているようです。








お許しをいただいて、ちょっとアートに写して見ることに。



驚くことに、コンクリートブロックの上にモルタル仕上げ、その上に描かれています。
壁のコーナーを使い、ハンモックに寝そべったカリブの女性、立体的に見えるのは目の錯覚でしょうか。




















すごくインパクトのある壁画、見れば見るほど上手いなあと思いました。










それは良いのですが



いったい何を注文したら良いのでしょうか。ビールや焼酎のお湯割りの雰囲気でもないし、やれやれ・・・。