一週間経てば桜も開花

 


 イベントも終わり、久し振りに朝一番の北山の撮影です。

この時間、この場所で撮影出来るのは心に余裕が出来た証拠。、少しずつ平常に戻ってきました。





きのう一日で

賑わったイベント会場も、みんなの大変な労力のおかげで、普段の姿に戻りつつあります。





外回りも

何も無かったかのように平常に戻りました。しかし、平常に戻らないのは、何かしらぼくの体力だけかもしれません。ちょっと辛い朝、青空だけが救いです。





そんな今日は

昼過ぎから出雲大社にお参りに行って来ました。もちろん、イベントが無事開催できたお礼参りです。




一週間前も

準備の合間を縫ってお参りしました。この時は桜も蕾でした。





一週間経てば

桜も開花していました。しかし、見頃は今週末頃でしょうか。これでは桜の撮影は早過ぎるようです。ちょうどこの時、知り合いのプロの写真家さんも来ていらっしゃいました。お互い期待はずれだったようで、この後、しばし写真談義に花が咲きました。





プロも狙っていたので

そのアングルで、ぼくも真似をして撮影してみました。綺麗な屋根のラインです。




帰り道

足元に落ちていた椿の花が気になり、桜ならぬ椿の撮影で締めくくりました。これからが春本番、あちらこちらで春の装いがぼくを誘惑しそうです。























満員御礼

 

 2日間とも、珍しく雨にも遭わず開催できた「ダイナミックセール」。

おかげさまで、両日とも沢山のお客様にご来場いただきました。ほんとうに感謝、感謝です。




用意していた駐車場も

お昼前後には満車になってしまい、これ以上のご入場は限界になってしまいました。




会場内では

どのコーナーも、とても熱心に商品をご覧いただく光景が見られました。




木材コーナーでは

プロ(買い手)とプロ(売り手)とのダイナミックな商談の光景もありました。木材の中でも、特に銘木と呼ばれる貴重で高価な木材の数々、普段は見るだけのこの銘木も、今回は珍しくこのコーナーは完売となりました。プライスを一点一点合計すると、なんと数千万円の品でした。





それにしても

年々、若いお客様が増えてきました。




その中でも

特に若いお客様には、木のおもちゃで遊んでもらったり、壁にお絵描きしていただきました。





お楽しみガラポン抽選会では

とても可愛いい笑顔が見られました。





お昼時は

キムラ名物「屋台村」では、プロが腕を振るってくれました。いつも威勢の良い大きな声で注文を受け、ちなみに、この日は350食提供したそうです。ご苦労さまでした。




今回のダイナミックセールは、スタッフのみんなも笑顔で頑張ってもらい

ほんとうに沢山のお客様の笑顔を見ることが出来ました。ご来場いただいたお客様、ご出展いただいた多くのメーカー様、問屋のみなさまに感謝いたします。





























ダイナミックセールが始まります

 

 きのう今日と天気にも恵まれ、イベント会場の設営が無事終りました。

春一番 住まいの総合展示会 キムラ祭り「ダイナミックセール」、いよいよ23日(土)、24日(日)の2日にわたり開催させていただきます。






ぼくが作ったモニュメントも入口でお出迎えします。どうぞ、お気軽にご来場下さい。








工房だより

 

 二十四節気の春分の日の昨日は、営業社員全員に出社してもらいイベントの準備をしました。
祝日の休日とあって、入出荷やお客様の出入りもなく、順調に会場の準備が進みました。

 そんな準備の中、今回のぼくの担当といえば、ウェルカムモニュメントの製作です。

終日、木工作業に没頭しました。何と言っても、木と触れ合うのは楽しい作業です。





イベント会場入口付近に設置予定のモニュメントです。ぼくの無い頭で一生懸命考えたデザインです。





楽しく作業は続きましたが

あっという間に一日が終わり、みんなが「社長!倉庫閉めますよ〜」て言うもので作業を止めました。
それでも、朝から始めここまでで90%の進捗状況です。久し振りの木工作業で疲れましたが、やっぱり、ぼくにはこんな仕事が向いているようです。

それにしても、日が長くなりました。










博多人形に魅せられて

 

 夜半からの強風が吹き荒れ、爆弾低気圧の通過を予感させる朝を迎えた出雲地方。
7時現在の気温18,8℃、南の風15(m/s)。これから、昨日のように20℃越えと思いきや、その後気温も下がり、只今12.6℃(15時現在)、西北西の風4(m/s)に落ち着きました。

 そんな一週間が始まり、今週末(23日・24日)は、いよいよ「キムラ ダイナミックセール」を開催することになりました。心を込めて準備を進めたいと思います。


 そんな中、先日、日本を代表する建材問屋さんから良いものを記念としていただきました。

博多人形の三態。とても可愛くて気に入りました。





作者の説明書によると、「三福三」と命名されています。
右から読んでも、左から読んでも「三福三」
三態で、「招福」「御礼」「感謝」を表現されたようです。




クローズアップでご紹介しましょう

「招福」の態。




斜めからは

下から見上げる目線が謙虚です。




そして、

「御礼」の態。





ここまでは、普段何とか出来ているように思われます。





そして、

「感謝の態」。





この態は、普段なかなか出来ていません。物心がついた頃、商売人の家庭で育ったぼくには、祖父母、両親がこういうお辞儀をした光景を覚えています。




この博多人形の三態は、商売の大切な心構えと、感謝の姿勢を教えてくれたように思います。良いものをいただきました。


今週末は、「招福」「御礼」「感謝」の姿勢で、ご来場のお客様に笑顔と幸福が届きますよう、一生懸命頑張りたいと思います。











春の足音

 

 
 みなさま おはようございます。

朝7時現在の気温−1.8℃、綺麗な青空が広がった昨日と打って変わって





今朝は雲が広がる ここ出雲地方です。気温は6,3℃と、昨日とはずいぶん気温差があります。昨日のラジオでは、今日は一日晴れ、4月上旬のような暖かい日になるようです。




ここのところ、晴れた夕暮れ時は
綺麗な夕景を見ることが出来ます。WBC三連覇を願って、日の丸の国旗のイメージで写してみました。




昨日、テレビのニュースを見ていたら

風力発電の風車。プロペラの羽根が落下したニュースが流れていました。どうやら金属疲労のようです。


人間も、こんな事にならないように、休む時にはしっかり休んでメンテナンスしましょうね。今日は週末、みなさまも良い週末をお過ごし下さい。

















気持ちの良い環境の中で

 

 
 この頃、花粉が猛烈に飛んでいるようだ。ぼくには分からないが、
花粉症の人はとても敏感、かなり辛そうだ。

そんな方に、一服のビタミン剤になるのでしょうか。

中庭を覆い尽くすほどの緑の天井から、木漏れ日が気持ち良かった。
わが家にもこんなスペースがあればどんなにいいだろうなあと、しばし足が止まった。

こんな環境が出来上がるのも、長い年月、労力やセンスが必要だと思う。
とても真似は出来ないが、環境は大事だなあと思わせる光景だった。



その中でも、ぼくの目を引いたのは一枚の棚板を支えている脚立、昔からプロが足場に使うパイプ脚立と呼ばれるものだ。
ぼくが感心したのは、これをさりげなく使った人のセンス。ところどころ錆びが出ていて、これがまったくもってこの庭の雰囲気に違和感が無い。

環境が良ければ何でもアリとは言わないが、計算された異種素材なら、何気なく雰囲気に溶け込むことが分かった。
この日は、良い時間を過ごした。






































一瞬の光景

 

 
 先週末、博多から帰る途中、列車ならではの光景を写すことができた。

発車前、車輌の中から窓越しに写してみた。窓を覆う朱の色は、乗車している反対方向に停車している車輌が、窓ガラスに写りこんだようだ。
一瞬タイムスリップし、ノスタルジックな一コマになった。

動かない自然の風景も良いが、一瞬のタイミングも逃さず、鋭い感性を持ち合わせたいと思わせる光景だった。直近の、ぼくのお気に入りの写真。

















震災から二年

 

 東日本大震災の発生以来、毎年3月12日付けの地元紙を保存しておこうと思う。
今後、どのような記事に変わっていくのか分からないが、年とともに風化させてはならない。

                                                                             平成23年3月12日(山陰中央新報)







                                                                          平成24年3月12日(山陰中央新報社)







                                                                          平成25年3月12日(山陰中央新報社)




この日の前後は、テレビ報道も現地に赴き特集を組むが、この日を境に身の回りの出来事に戻ってしまう。

昨年の秋、初めて現地を訪れ見た光景。







今、どんなに変わっているのだろうか。パソコンの膨大な画像のストックから、この日の画像を探し出すたび心が痛む。













駅伝部がまたまたやってくれました

 

 今朝出社すると、ぼくの部屋の応接テーブルの上にわざとらしく

賞状とパンフレットが置いてありました。どうやら、キャプテンが報告がてら置いていったようです。
この意図は、きっとぼくのダイアリーでお知らせして欲しいのだろうと察しがつきました。




一週間前は1位と3位、今回は2位と3位。良く頑張りましたので喜んで紹介させてもらいます。
手前味噌で恐縮ですがお許し下さい。

昨日の「第18回 荒神谷健康駅伝大会」は、生憎の雨の中、開催が決定されたようです。正直、こんなので走るのだろうかと、ぼくも半信半疑で会場へ行ってきました。



案の定、

お天気なら外で行われる開会式も、公園の管理棟の中で行われていました。中は超満員、外から窓越しに覗きました。



みんなは来ているのだろうか

いましたいました。窓際に座って話しを聞いています。今朝の天気同様、ちょっと表情がいまいち冴えませんね。



それもそのはず
 
 雨が降り続いています。とても止みそうにありません。




開会式も終わり

最初は、「子供の部」が先にスタートの準備に入りました。


雨の中、

それでも元気良くスタート、子供は元気なものです。





ぼくの目の前を走り抜けていきます。




もうこの頃、

「一般の部」が準備につきました。一区の走者は、寒そうに腕組みをしている木村木材Aチームは副キャプテンの「高橋選手」。口元に手をやり暖めているのがBチームは、ペコちゃんこと「飯島選手」です。冷たい雨の中、みぞれも降ってきました。





号砲が鳴り

いっせいにスタートするところです。






早くも先頭を陣取ったゼッケン番号「27-1」高橋選手、「26-1」飯島選手はちょっと抑え気味にスタートしているよう。




しかし、

周回して来る頃には、Bチーム飯島選手がトップに躍り出ていました。この時点、高橋選手は3位です。「上位独占で行けよー」と祈りながら見守りました。





二区の襷を待つのは、オジサンこと「園山選手」。期待できそうです。





何と言うことでしょう、高橋選手がトップで来たではないですか。園山選手ならこのままいけそうです。




遅れることBチーム、イケメン和田ちゃんこと「和田選手」に無事、襷が渡りました。




いつもながら足取り軽く、ピョンピョン走って行きました。




その頃

おじさんトップでやってくるではないですか。安定感のある力強い走りです。
走り終わり、彼と話しましたが声が何故か?ガァーガァー声。「どうしたの?」って
聞いたら「昨夜、カラオケ歌いすぎました」。とてもひどいかすれ声でした。






それにしても、雨が降り続きます。和田選手もやってきました。




ちょっと、黄砂交じりの雨でも飲んでいるのでしょうか。軽い水分補給なのか。





その後は、完全装備の消防チーム。日頃からの消火活動、雨だから頑張れることもあるでしょうね。それにしても走りにくそうでした。




3区は今回初参加の助っ人、ちょっとハーフぽい池メン「石川選手」。見た目にも走りそうな体型です。





無事、トップでオジサンから襷が渡りました。




なかなかいけそうです。






お〜い!カメラ目線で襷を待っているのは、わが家の「若旦那」。これまた夜勤明けで、今朝5時過ぎに帰ってきたそうです。朝飯も食わずに大丈夫か?。






和田選手から襷を受け取るところです。





表情が急展開、走る気満々のようです。




そのころ、すでに石川選手が見えてきました。トップです。




遅れること

若旦那もやってきました。楽しそうに走っています。



キャプテンに誘われること、今回で二回目。「二度あることは三度ある」になりそうです。





Aチーム4区は二度目の出場、育メン「藤原選手」です。なぜか、この時に限ってレンズが曇ってしまいました。





ソフトフォーカスな世界の中、池メン「石川」から育メン「藤原」に襷が渡りました。





このコースは知り尽くしています。期待してよいでしょう。






おっと、出ましたBチーム四区は「木村専務」。雨天用蛍光色のシューズでしょうか。






若旦那から無事襷を受けました。






藤原選手!ごめんなさい。ソフトフォーカスのままです。それにしても、軽快な走りでした。







やっと、レンズもクリアーになったところで専務が走ってきます。






やっぱり、シューズに目が行ってしまいます。目の前を走り抜けて行きました。




おっと

キャプテン「喜一郎選手」、いよいよ実力派のアンカーの出番です。




藤原選手から2位で襷を受けました。




さあ!行くぞ!って感じです。




絶対!抜いてやるぞ!って感じに見えます。




しかし、

トップを走る中国電力のアンカーとの差は200メートルくらいはあるのでしょうか。




そのとき、

Bチームも、専務からアンカーのユウジこと「佐藤選手」に襷が渡ろうとしています。




みんなランナーらしくなりました。






がんばれ!「ユウジ!」って、ぼくは声を掛けましたが本人は知らないと思います。




キャプテンも最初の周回コースにやってきました。さすが、安心して見ていられます。






ユウジ大丈夫だろうか。




ゴール付近では

どうやら、キャプテンは抜くことが出来なかったようで、中国電力さんが1位でゴールしました。




そのあと

キャプテンも見えて来ました。




残念でしたが良く走り、第二位でゴールインしました。






走り終わった選手の目線の先には






「ユウジ」が見えてきました。





無事、ゴールイン。良く走りました。





本人も満足気の様子。それにしてもこの表情、誰かに似ています。女優のおばさん役・・・名前が出てきません。ご想像にお任せします。




走り終えた頃

雨もやっと止み、みんなで記念撮影をしました。みんないい笑顔、かっこイイ奴らばっかりでした。





二週連続の駅伝大会上位入賞!駅伝部に一足早く春が訪れたようです。冷たい雨の中、みんなほんとうに良く走ってくれました。
お疲れさまでした。