円山応挙を堪能しました

 

 お宝なんでも鑑定団でも、滅多に本物にお目にかかれない古き巨匠、円山応挙。
その憧れの作品がぼくの目に飛び込んできたときは、まさしく圧巻でした。

この旅行でもっとも楽しみにしていたのは、

高野山真言宗 亀居山「大乗寺(だいじょうじ)」別名「応挙寺」。初めて訪れることが出来ました。



雪の中、石段を登ると

仕事柄なのでしょうか、目を見張る素晴らしい山門に感動。総けやき造り、見ている方も木のプロ中のプロ、この方もうなっていました。





ぼくは、彫刻の数々に感動しました。





まるで生きているかのような力強さと迫力、きっと名工の作品でしょうね。



プロが注目したのは、

この屋根の垂木(たるき)の配置、屋根の角(かど)、隅木の向きに沿って等間隔に並んでいます。プロは、「これは見事な扇垂木(だるき)!」と賞賛していました。なるほど、扇を広げたように垂木が打ってあります。




西国薬師霊場第二十八番札所とあります。



この山門をくぐると、

真っ先に目に飛び込んでくるのは、クスの木の巨木。ぼくの好きな巨木シリーズです。
ものすごいビッグな幹周りです。




後になって調べてみたら、樹齢約1,200年とありました。千年以上の古木のようです。




そして、正面を拝むと

これがご本堂。案内によると、江戸中期建築の仏間を中心とした客殿十三室には、円山応挙とその門弟十二名の筆による襖絵が百六十五面があり、すべてが国の重要文化財に指定されているようです。まさに、大変なお宝が収蔵されています。



ここから中は撮影できませんので、

「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」
 
http://museum.daijyoji.or.jp ←コチラで「客殿めぐり〜大乗寺の各部屋を歩く〜」から、バーチャル体験で作品がご覧になれます。





案内係りの方から詳しい説明があり、応挙とその一門の作品の偉大さが解ったような気がしました。その後、感動を胸に雪がちらつく山門を降りバスに乗りました。




帰路の途中には、

バスの窓から、荒れ狂う日本海を写しながら思ったこと、応挙だったらこの場面をどんな表現で描くのだろうかと、ついつい想像してしまいました。

そんな旅もこれで終わり。かに三昧・温泉三昧・サプライズの「応挙三昧」が加わり、とても思い出に残る旅となりました。
ぼくの人生のアルバムが1ページ増えたようです。










特上の松葉ガニに後ろ髪引かれ

 

 かに三昧でお酒も進んだ昨夜の宴、意外なことにすっきりと目覚めた旅の宿。相部屋のみなさんは就寝中でした。
昨日からの細雪が気になり、掘りごたつのある小部屋の障子をそっと開けてみました。

窓から見える外の光景、しんしんと雪が降っています。風も無く、静に積もる雪のよう。向こうに見える旅館の窓から漏れる光が、妙に暖かさを感じさせます。



もうこの時間、二度寝は許されません。
目覚ましにと、

昨夜は女子風呂だった「華の湯」




これも昨夜は女子限定だったでしょうか、ぼくにはとても似合わない「ハーブ湯」に入りました。
雪が降りしきる露天風呂は、この上ない贅沢。とても風情がありました。



みなさんと朝食を済ませ、身支度を整えてから部屋を出て

ラウンジに下りると、なんということでしょう。ガラスの向こうはまるで墨絵の世界です。




宿に着いた昨日とは別世界の表情でした。ここでコーヒーでも飲めば良かったのですが、それはそれ、売店でお土産を買うのが優先となりました。



しばし、



出発の時間まで、モノクロの墨絵の世界を写してみました。



井づつやさんのお宝でしょうか

玄関の横に堂々と飾られている、意味ありげな高価そうな屏風。ガラス越しに写してみました。この傍らで 女将さんらしき女性が 旅立つお客様を見送っていらっしゃいました。



その女将さんや、仲居さんたちに見送られ、

雪が降り続く「佳泉郷 井づつや」さんを後にしました。それにしてもこの雪、バスのドライバーさんは慣れているとは言え大変です。



命を預けたと言っても、後輪が滑るたびに「ウォ〜」と声が出ます。ドライバーは何とも無いよう。乗ってるぼくは肩が凝りそうでした。


そんな雪道を、野を越え山を越えたどり着いた今日のスタートは、

威勢の良い売り子の掛け声が飛び交う、香住漁港に程近い「かに市場」。見た瞬間、ぼくは「またカニだ〜」と思いました。



山盛りに積まれた、お値打ちの「B級品」

裏返しになった無数のカニさんが「買ってくれ〜!・買ってくれ〜!」って言っているようでした。
カニには目が無いぼくですが、夕べの「かに三昧」からいまだ14時間、口の中にも余韻が残っています。



それでも、

家族にお土産でも・・・と思っても「特上」は高価すぎて無理。値切っても1万円にはこの時間無理のよう。それにしても、コイツずっしり重い特上でした。




ならば、

脚だけでも・・・と思っても食欲が出ません。昨日の今なら、間違いなく買った代物です。



出発の時間まで、





いろいろ見てみるものの、これまた食後2時間。食欲不振で生ものは断念しました。

それでもと思い何とか品定め、「ほっけの開き」「漁師が造る・ほたるイカの沖漬け」「漁師が造る・イカの塩麹漬け」のお買い上げとなりました。
それらはみんな今夜のおつまみ、家族は喜ばないものばかりでした。


このあと、ぼくが今回もっとも楽しみにしていた場所に移動しました。







おもてなしの宿



 週末のバスツアーは、鳥取県から兵庫県に入ろうとした頃には雪が舞う景色に変わりました。

松江を出発してから揺られること四時間あまり、バスは山峡にある湯治場に着きました。
ここは、ぼくも初めて訪れる温泉、夢千代の里・湯村温泉でした。

 雪が降る中、あわただしく降り立ったお宿は、

 数ある老舗旅館の中でも、元禄15年創業の「佳泉郷 井づつや」さんでした。チェックインの間、ゆったりとしたラウンジでお抹茶のおもてなしを受けました。




 大きなガラス越しに見える中庭は滝も流れ、枝振りの良い松には雪囲い、今はそこに細雪。とても良い雰囲気でした。聞くところによると「五つ星」のお宿だそうです。



 客室に通され、しばしの休憩の後は

 地下二階の大浴場に入りました。解説によると、湯村温泉は「”さびない身体”をつくる長寿の湯」とありました。なんでも、湯村の湯は「酸化しにくい」良泉といわれ、日々酸化(老化)していく私達の身体にとってまさに長寿の湯のようです。とても良い温泉、おすすめです。



 そして湯上りは、待ちに待った宴会でした。

 掘り座卓に座ると、これぞ待ってました「かに三昧」。かに御膳とでも呼ぶのでしょうか?すべて何らか蟹をアレンジした料理の数々、今宵のおしながきをご紹介しましょう。

 食前酒     山葡萄カクテル(井づつやオリジナル)
 前 菜   蟹香味彩り籠盛り
 お作り   日本海の幸 四種盛り
 煮物椀   蟹真丈湯葉巾着と
       つらら蟹 蟹スープ仕立て椀
 焼き物     但馬牛と野菜のねぎ味噌焼き
 合 鉢      蟹鍋
 揚げ物     季節の油物
 酢の物     蟹酢 蟹味噌
 止め椀     滑子と三つ葉の合わせ味噌仕立て

 ご    飯      蟹御飯
 香の物     三種盛り
 水菓子     季節のデザート  
       総料理長 井上明彦

 というわけで、



 どのお品も、ぼくの舌をうならせました。



 何故か、

 蟹御飯と一緒にいただいた「ラッキョウの赤ワイン漬け」だったでしょうか、すごく美味しかったです。漬物が一番のご馳走!・・・の歳になったのでしょうか?。

 ご馳走様の後は、カラオケ貸切ルームで、とてつもなく古い「昭和の歌」をみんなで楽しく歌いました。そうこうする内に夜も更けていったようです







小さな島の小さな学校

 沖縄県北部は本部町、

渡久地港から定期船に乗ること15分、水納島(みんなじま)はその形から、別名「クロワッサンアイランド」と呼ばれ、綺麗な海に囲まれた小さな島です。




シーズンは、沢山の海水浴で賑わう島です。




それもそのはず、

エメラルドグリーンの海は透明度も高く、弟に始めて案内されて以来、ぼくのお気に入りの島です。今回は、集落のある島の中に入って見ました。




調べてみたら、この島は周囲4,6キロだそうです。ぼくのいつものウォーキングコースの約半分ほどの小さな島です。あちらこちらにウェットスーツが干してあるように夏場は観光産業、冬場は農業が主体の島のようです。




島の人口は45名(2011年)。ぼくの会社より若干人数が少ないようです。そんな中、かわいらしい看板がありました。

水納小中学校。これも調べてみたら、去年の時点で小学生3名、中学生1名、職員9名の極小規模の小中併置校だそうです。



そこで、

学校を目指して歩いてみました。どうやらこの先のようです。





右の鉄筋の建物が校舎、その手前に小さな運動場がありました。この建物からすると、昔は生徒数も多かったものと想像できます。島の大人はすべてPTA会員で、運動会やいろんな行事は総出で、島を挙げて盛り上げるそうです。施設が無いこの島では、この学校が唯一コミュニティーの場になっているようです。





何世帯あるかは分かりませんが、とても静かな島の暮らしがそこにはありました。







子供たちは文字どおり「島の宝」として、大切にされているのでしょうね。
この小さな島で、忘れかけていた何か大切なものを見たような気がしました。






恋の島

 里帰りした時には必ず訪れる島「古宇利島」。

この古宇利大橋を渡る頃は、もうすっかり心はうきうき、わくわくになります。





橋が出来る前は、船でこの島に渡ったようです。この島の周辺は飛びっきりの美しい海が広がっています。





 この橋が出来てから、観光客が急に増えました。それまでは静かな佇まいだったと思います。それにしても綺麗な海です。




観光客が訪れるようになってからは、
海辺のカフェがあちらこちらに出来たり、





 
 この島の名物、「うに丼」を提供する店が増えました。







ジュゴンが泳いでいたような、とても自然豊かな島でした。




もっとも、

この島は、「恋い島(くいじま)」と呼ばれ、「アダムとイブ伝説」がこの島で産まれ、「ビジュルメー」と呼ばれるこの島独特の神聖な場所もあります。興味本位では決して訪れるようなことがないよう、心してお邪魔する島なのかもしれません。

首里城の龍

 この夏訪れた首里城は、今までにないインパクトがありました。強烈なパワーを感じたこの日の首里城をご覧ください。

必ずといって良いほど記念撮影するこのスポットも、

強烈なコントラストでした。いままで訪れてもこんなインパクトはなかったです。一つ一つ繊細な建築様式と技術を見て、しばし目を奪われました。













首里城の正殿も圧巻でした。




その中でも、

屋根が素晴らしかったです。無数の龍が守っていて、これぞパワースポットという迫力でした。



















とても綺麗な首里城の朱と青と龍のコンビネーションでした。

目立ってなんぼの

 梅雨前線がどうやら南下したようで、昨日今日と、梅雨の中休みとなった出雲地方です。

それにしても、今日のご当地の最高気温30.1度(14時)と、かなり蒸し暑く感じました。これまでの最高気温のようです。もうこなると、南国沖縄の気温に迫ってきました。沖縄はこの反面、前線の影響で梅雨に逆戻りしたような雨のようです。





ところで、今日は梅雨に逆戻りした沖縄は、那覇市内の話題から、
帰りの空港に向かう途中、最後のショッピングに必ず立ち寄る「国際通り」です。観光で訪れた方は必ずといってよいほど立ち寄る、お買い物の定番のスポットですよね。







ところが、ぼくにとっては、

ショッピングより、お店の看板を見て歩くのが恒例です。仕事を始めてからずっと、看板に興味があるようです。目立ちたがり屋さん、笑える名前、不思議な名前、さりげないセンスのいい看板、今回もキョロキョロ歩いて見てきました。







名前もキャラクターも、センスもイマイチですがインパクトがあります。








まず、第一弾は、

さりげないデザインかと思ったこのショップのテント看板。







名前はどうやら「台風」。何屋さんかは分かりません。
そこで電話をしてみると、
もしもし、台風さんですか?ハイ、こちらは台風でございます・・・というような電話の会話でしょうか?




お次は食べ物屋さん、

ズバリ、「どらえもん」。とても食材と似合わない名前で、ギャルや子供連れを狙っているのでしょうか。
こちらへ電話しても、
もしもし、ドラえもんさんですか? ハイ、こちらドラえもんでございます。出前お願いします・・・と言う会話が聞こえてきそうです。


こんな業種では、

これもズバリですね。何故かしっくりする響きのよい名前ですね。で癒されてみたいです。
こちらに電話しても、
もしもし、「てもみん」さんですか? ハイ、こちら「てもみん」でございます。チョッとお尋ねしますが、足もみはやっていますか?・・・というようなことでしょうか。





エステの関連では、
 
 こいつがっ・・・やけに目に飛び込んで来ました。僕の場合、自然に抜けて生きます。







そのほか、もっとも強烈なお店は、

みなさんも覗かれたことがあるかもしれません。日本一ふざけたTシャツ屋(自称)。
こいつには、完敗です。




ウインドーに目をやれば、

「私は褒められて伸びるタイプです」・・・「I嵐」・・・「ほっとけ俺の人生だ」・・・
「こんな会社やめてやる」・・・まったくふざけたTシャツ屋ですね。ぼくも、「社長」Tシャツ
買えばよかったかもしれません。まだまだ沢山ありましたが割愛させていただきます。





ところで、

数日前、老朽化に伴い強風で倒壊しないよう、耐風補強をかねてリニューアルした
わが建材部の看板、沖縄の看板に比べればおとなしいものです。もっと目立つように、
「日本一まじめな建材屋」でも入れれば良かったのでしょうか?。

やはり、看板は「目立って何ぼ」の役割が大きいのでしょうね。


抱かれたいバーガー?

 南国の陽射しがもっとも厳しい昼下がり、ちょっと遅めのランチに弟が連れて行ってくれた。

「Cafe  CAPTAIN KANGAROO(キャプテンカンガルー)」という名のハンバーガー屋。
「今朝も美味しいパン食べたのに、昼飯もまたパンかよ〜」と心の中で叫びながら同伴した。海沿いにあるこの店、
内外装ともペンキを塗りたくったアメリカンな雰囲気で、「所さん」が好きな人にはたまらない雰囲気かもしれない。





海側のソーファーに座り、

キョロキョロと店内を物珍しく見渡し、流れるBGMと雰囲気を楽しんだ。
STAFFといえば、ごついお兄さん達ばかり、女性の店員さんはいなかった。
真っ黒に日焼けしたサーファー系の面々、良く見るとだれもカッコいい。
メニューと水を運んできた怖そうなお兄さんから白い歯がこぼれ、にこりと微笑んだ。
それを見て僕も安心した。





待つこと20分くらいだったろうか。そのあいだ、グラスもギンギンに冷え、乾いた喉を潤してくれた。






やっと、運ばれてきたモノは、

白いプレートに乗った、どでかいハンバーガー。これには驚かされた。
なるほどアメリカの食文化が、長い年月を経て根付いているのだろう。この皿は僕の注文したのではなかったが、
美味しそうだったのでポテトを摘み食いした。




僕の注文分は、

「スペシャル・バーガー」たしか¥600だったと思う。高さは4寸(12cm)、いや5寸(15cm)?
「こんなデカイもん、どうやって食べるんじゃ〜」と思いつつ、大きな紙袋に入れてから食べることを教わり、
そこからはもうがむしゃらにかぶりついた。食べるたびに鼻の頭にケチャップが付いて苦労した。
それにしても、これは旨過ぎ、バーガーを好んで食べない僕にも正直病みつきになりそうなバーガーだった。





それもそのはず、「抱かれたいバーガー、5年、いや6年連続日本一!」の超有名店のようだ。
店の外でも、観光客が記念撮影していたので僕も写してしまった。

それにしても、「抱かれたいバーガー日本一」って、そんな人気投票があることに驚いた。




名護市内から車で10分、国道449号線を本部方面に向かって左側、この看板が目印。
多分、観光でお越しの方は気が付かず通り過ぎると思う。それにしてもこんな旨いバーガー初めてだった。
ハンガーバー好きには、ぜひ勧めたい一品だ。

本日は、沖縄県名護市宇茂佐183  「Cafe Captain Kangroo」前からお送りしました。





人生最後の記念に

 今日から7月に入りました。気が付けば今年も半分が終わり、今日から後半戦のスタートですね。
元気良く夏本番をスタート!と行きたいところですが、本土はこれからが梅雨本番となります。

というわけで、梅雨明けが待ちきれず、お先に行かせていただきました。

羽田からJAL907便でひとっ飛び、2時間もすれば目を見張るようなマリンブルーの海が見えてきました。
そうです、梅雨明けしたばかりの沖縄に里帰りしてきました。見えてきた島は、沖縄北部「伊江島」です。
今回も、この島の近く「水納(みんな)島」まで行く予定です。上から見る海も、すごく綺麗でした。





 那覇空港に無事着陸したあとは、

レンタカーを借りての移動となります。それにしても、肌を強く刺すような、南国らしい強い日差しでした。








レンタカー会社のすぐ近く、豊崎のアウトレットモール「あしびな」で昼食を取り、今回の旅の始まりとなります。
それにしても、めちゃめちゃ暑かったです。それもそのはず、今朝、家を出るときの気温は15℃と肌寒かったのです。






何気に、

あちらこちらで咲いている「ハイビスカス」。沖縄に帰って来た〜という感じになれます。







それよりも毎回、

弟の家の門で出迎えてくれるシーサー君。これを見たときが一番、帰って来た〜と感じます。







今回は、何と言っても撮影が目的ですが、

もうひとつのお楽しみは、生レバーを食することでもありました。
僕の人生、「これで最後・・・これが最後・・・」と結果的に、二晩も食べてしまいました。
それにしても、こんなに旨い「レバ刺し」初めて食べました。どこの居酒屋もレベルが高いですね。

こんな旨いレバ刺し、僕の人生初めてで最後となりました。もうこれで生食を食べれないと思うと残念です。

うっとうしい梅雨を吹き飛ばすよう、これから時々に、今回の旅の途中で撮影した画像をダイアリーに掲載したいと思います。
時折、ご賞味ください。

奇岩のあとは出石皿そば

 城崎温泉を後にして、我々一行が向かった先は、天然記念物の「玄武洞」でした。

洞と名が付くので洞窟探検かと思えば、130万年前に起こった出来事で現れた珍しい光景でした。
玄武洞といえば、僕には小さい頃から「ロミーナ」のお菓子しか浮かんできません。






正面の穴は洞窟と思いきや、砕石場として人工的に作られた洞穴だそうです。今は落石のため近づくことはできません。






何が貴重かといえば、

160万年前に起こった火山活動で流れ出したマグマが、冷えて固まる際に規則正しい割れ目を作り出し、柱状に節理が形成され誕生したことのようです。観光協会のガイドさんがおっしゃっていました。これを、柱状節理(ちゅうじょうせつり)と専門用語では言うそうです。





詳しくは、頭に入りませんでしたので画像をご覧下さい。

先ほどは「玄武洞」と言う名前がついていましたが、こちらは「青龍洞」と呼ぶそうです。






こちらの特徴は、

柱状節理がカーブを描き、世界的にも大変珍しいようです。奇岩マニアにはたまらない形のようです。僕は木材マニアで岩石には興味はありません。














自然が作り上げたダイナミックなスケール感が目に飛び込んで、すごく圧倒される光景でした。その後、「白虎洞」、「南朱雀洞」、「北朱雀洞」をそれぞれ見学し、こちらを後にしました。





次に訪れたのは、

僕自身、楽しみにしていた但馬の小京都、「出石(いずし)」でした。もちろん出石といえば、「皿そば」です。楽しみにしていました。



その前に、出石でのもうひとつの楽しみは、

出石永楽館でした。明治創業34年に開館した歌舞伎や演劇を上演する近畿随一の娯楽の殿堂だったと聞きました。そののち、時代と共に映画上映が中心となって、昭和39年にテレビの普及の影響を受け、閉館したそうです。

そして、みんなの希望で44年の歳月を経て、平成20年にその姿を復元したそうです。それにしても、これが元々個人の持ち物だったとは驚きでした。


中に入れば、当時の木材を修復して見事に当時の姿を復元されていました。






二階席もあり、当時の栄華が偲ばれます。





天井付近には、当時の看板も設置されていました。





中でも、僕の目を引いたのは、

この看板でした。ムール美容室最新技術を誇る電髪コールドパーマ」、これって何なのでしょうか?。
80、90のおばあさんに聞けば分かるのでしょうか。
それにしても、印象に残るインパクトのある当時の看板でした。






花道や、スターが地下からせり上がるための装置、回転舞台、すべて地下に潜る裏方さんの人力の作業のようです。油圧装置や電動モーターなど考えられない時代ですね。





こちらでは、
この秋、片岡愛之助も歌舞伎公演するようです。他に、変わった使い方では同窓会や、結婚式も行われるようです。これはこれで勉強になりました。モダンなレトロ感たっぷりな施設でした。





その後、場所を変えて、

待ちに待った、お楽しみ「出石皿そば」をいただきました。そば好きの僕にとって一度は食べてみたかったそばでした。
食べ方はチョッと出雲と違い、つゆが入ったそば猪口に、とろろ、ねぎ、生卵丸ごと1個、好みでワサビを入れてかき混ぜ、その中にそばを入れていただくと言う物でした。

今回いただいたのはそば定食だったので、皿そば3枚が一人分でした。あっという間に平らげました。
そばを知り尽くした僕にとっては、格別な感動は残念ながらありませんでした。

それは、1皿が2〜3口で食べられるので、量的な不満からだったのかもしれません。盛岡のわんこそば1枚よりまだ量は多いですが、割り子そばに慣れ親しんだ僕にとっては、一枚の料が物足りませんでした。

そこで、追加すれば?・・・と、お思いの方もいらっしゃると思いますが値段を見てびっくり、ナント1皿追加料金は120円、ちょっと見合わせました。

そんなんで、お腹もまずまず、これで今回のツアーは終了となりました。

ドライバーに命を預け、ウトウト、グーグー、楽しい旅が終わりました。
お付き合いありがとうございました。