奇岩のあとは出石皿そば

 城崎温泉を後にして、我々一行が向かった先は、天然記念物の「玄武洞」でした。

洞と名が付くので洞窟探検かと思えば、130万年前に起こった出来事で現れた珍しい光景でした。
玄武洞といえば、僕には小さい頃から「ロミーナ」のお菓子しか浮かんできません。






正面の穴は洞窟と思いきや、砕石場として人工的に作られた洞穴だそうです。今は落石のため近づくことはできません。






何が貴重かといえば、

160万年前に起こった火山活動で流れ出したマグマが、冷えて固まる際に規則正しい割れ目を作り出し、柱状に節理が形成され誕生したことのようです。観光協会のガイドさんがおっしゃっていました。これを、柱状節理(ちゅうじょうせつり)と専門用語では言うそうです。





詳しくは、頭に入りませんでしたので画像をご覧下さい。

先ほどは「玄武洞」と言う名前がついていましたが、こちらは「青龍洞」と呼ぶそうです。






こちらの特徴は、

柱状節理がカーブを描き、世界的にも大変珍しいようです。奇岩マニアにはたまらない形のようです。僕は木材マニアで岩石には興味はありません。














自然が作り上げたダイナミックなスケール感が目に飛び込んで、すごく圧倒される光景でした。その後、「白虎洞」、「南朱雀洞」、「北朱雀洞」をそれぞれ見学し、こちらを後にしました。





次に訪れたのは、

僕自身、楽しみにしていた但馬の小京都、「出石(いずし)」でした。もちろん出石といえば、「皿そば」です。楽しみにしていました。



その前に、出石でのもうひとつの楽しみは、

出石永楽館でした。明治創業34年に開館した歌舞伎や演劇を上演する近畿随一の娯楽の殿堂だったと聞きました。そののち、時代と共に映画上映が中心となって、昭和39年にテレビの普及の影響を受け、閉館したそうです。

そして、みんなの希望で44年の歳月を経て、平成20年にその姿を復元したそうです。それにしても、これが元々個人の持ち物だったとは驚きでした。


中に入れば、当時の木材を修復して見事に当時の姿を復元されていました。






二階席もあり、当時の栄華が偲ばれます。





天井付近には、当時の看板も設置されていました。





中でも、僕の目を引いたのは、

この看板でした。ムール美容室最新技術を誇る電髪コールドパーマ」、これって何なのでしょうか?。
80、90のおばあさんに聞けば分かるのでしょうか。
それにしても、印象に残るインパクトのある当時の看板でした。






花道や、スターが地下からせり上がるための装置、回転舞台、すべて地下に潜る裏方さんの人力の作業のようです。油圧装置や電動モーターなど考えられない時代ですね。





こちらでは、
この秋、片岡愛之助も歌舞伎公演するようです。他に、変わった使い方では同窓会や、結婚式も行われるようです。これはこれで勉強になりました。モダンなレトロ感たっぷりな施設でした。





その後、場所を変えて、

待ちに待った、お楽しみ「出石皿そば」をいただきました。そば好きの僕にとって一度は食べてみたかったそばでした。
食べ方はチョッと出雲と違い、つゆが入ったそば猪口に、とろろ、ねぎ、生卵丸ごと1個、好みでワサビを入れてかき混ぜ、その中にそばを入れていただくと言う物でした。

今回いただいたのはそば定食だったので、皿そば3枚が一人分でした。あっという間に平らげました。
そばを知り尽くした僕にとっては、格別な感動は残念ながらありませんでした。

それは、1皿が2〜3口で食べられるので、量的な不満からだったのかもしれません。盛岡のわんこそば1枚よりまだ量は多いですが、割り子そばに慣れ親しんだ僕にとっては、一枚の料が物足りませんでした。

そこで、追加すれば?・・・と、お思いの方もいらっしゃると思いますが値段を見てびっくり、ナント1皿追加料金は120円、ちょっと見合わせました。

そんなんで、お腹もまずまず、これで今回のツアーは終了となりました。

ドライバーに命を預け、ウトウト、グーグー、楽しい旅が終わりました。
お付き合いありがとうございました。

旅の宿 「相棒編」

 旅の宿、城崎温泉「古まん」での目覚まし時計は、相部屋(四人)の一人の相棒が、ごそごそ・ガサガサと音を立て、僕の目を覚ましてくれました。

どうやら、朝風呂に入る用意をしていたようです。夕べの宴会の後も、みんな遅くまでカラオケスナックで、昭和の歌をたくさん歌い、とてもはしゃいでいたのにお疲れもないようです。すでにお目覚めでした。
携帯の時間を見たら、まだ5時でした。


そこからは、もう眠れなくなってしまい、カメラ片手に散歩に出かけました。
今朝は、昨日と違い真面目な撮影が目的です。

寝起きのしわしわの浴衣で下駄を履き、暖簾をくぐると外はとても爽やかな空気でした。
爽やかでは無かったのは、僕の浴衣姿だったのかも知れません。他に寝ている若干二名の方を気遣い、顔も洗っていませんでした。






今朝は、昨日見てない裏通りをひとまず散策、

向こうから朝日が差し込んできました。






表通りでは見えない光景が裏通りでは見られ、人々の暮らしの営みを垣間見ることができます。







川沿いに歩いていると、

鯉のぼりが出迎えてくれました。








これはこれで面白い演出です。緑の中にあって、色的にはインパクトがありました。風がある日は水面の上を泳いでいることでしょうね。






しばらく進むと、

こんな方も出迎えてくれました。この近くには「コウノトリの郷」もありますので一瞬、コウノトリ?とも思いましたが、いつもの僕のフィールドでも見かける方でした。






いつもの癖で、

そーっと近づいてみたらポーズをとってくれました。どうやら温泉客に慣れているようです。






調子に乗って近寄ったら、

シカトされました。それでも逃げようとしません。





この方にも嫌われましたので、

木屋町通りに向かっていると、






奥の方に目をやると、

朝はめっぽう強そうな 、じいちゃんばあちゃんが 下駄を鳴らして歩いています。
朝の静寂の中、カラコロと下駄の音が響いていました。これも風情がありました。
外湯めぐりが始まるのは7時から、もうそろそろ玄関先で開くの待つのでしょうか。






本通りに進んでみると、

車も人影も無く、静かな温泉宿の街並みがありました。






昨日巡ろうとしていた、外湯の先には、

朝日を浴びる、古き良き温泉街の一日が始まる光景がありました。
この後、食事を済ませ、お世話になった宿を後にしました。僕たちを心を込めて見送る女将さんの姿や、夕べも、一所懸命に給仕してくれた中居さん達のおもてなしの心も学ぶことができました。

この日は、これから近くの観光名所「玄武洞」、但馬の小京都「出石(いずし)」に向かいます。







城崎にて

週末は、関係する会社の総会出席のため、兵庫県は但馬方面に向かいました。

女性二人を含め、総勢15名でのバスツアーとなりました。神経質な僕は、どうやら左席は関越道の事故が印象に残っていたのか、運転手席側に座りました。もし、ドライバーがウトウトするようなことがあればすぐに起こしてあげます。




そんなんで、お客の僕もウトウトできない中、休憩や昼食しながら山陰海岸をひたすら走ること5時間、

着いたところは、名湯「城崎温泉」でした。





今日のお宿は、

コチラのお宿でした。






千年の湯、「古まん」さんでした。外装タイル張りの外観からすると古さは感じませんでしたが、中に入って使われている木材を見たら、中々の歴史のある旅館のようです。それはそれ、木を見るプロのツアー集団、見るところが違います。
小休憩のあと、さっそく総会が開催され、ものの一時間ほどで会議は終わりました。こんなんだったら、松江しんじこ温泉か玉造温泉でも良かったのですが、みなさんのお楽しみは当然、温泉でした。


城崎温泉まち歩きと言えば、

みなさまご存知、「7つの外湯をめぐろう!」で有名です。僕たちもさっそく浴衣姿に着替え、下駄でカラコロ外湯めぐりをしました。時間も十分あったので「7湯すべて制覇!」の意気込みで、



最初に入ったのが、




「一の湯」さんでした。外人さんも外湯めぐりをしています。しかし、意気込みは良かったのですが、あまりにも気持ち良くて長湯、これが失敗の元でした。後で知ったのがっ、ここが一番の高温とのこと、あとの祭りでした。






上がった頃にはすっかりのぼせてしまい、汗が吹き出てトーンダウン。





あえなく、

柳の下で、ギブアップとなりました。





予定では最低でも、

「柳湯」さんと、







「御所の湯」さんを制覇するはずでした。




その後、少し落ち着きを取り戻したら作戦変更、スナップ撮影に切り替えました。

僕の目に止まった光景です。じいさんばあさんばっかりと思っていたら大違い、若者が多くびっくりしました。



それはそれ、僕のことですから目が行くのは、

やっぱり、浴衣姿のお嬢さんでした。このまちでは洋服を着て歩いていると不自然に見えます。






まだ陽が高いのにこんな光景、僕には不思議に思えました。とても風情のある街並みでした。





いいかげんに、女性の浴衣姿ばっかり写さないで、

文豪、志賀直哉のゆかりの宿「三木屋」さん、名作「城崎にて」が生まれた創業300年、江戸初期創業のお宿を写したり、




昭和のよき時代を思わせる、手打ちのパチンコ、スマートボールの店があったり、





これまた、本格的な射的が楽しめる店があったり、歴史のある温泉場の懐かしい光景が写せました。





今回の、自画自賛「大賞」は、

柳越しに見える、「柳湯夕景」




もうひとつ、

湯上り涼む、「浴衣の君」  明日はっ、もう少し真面目に撮影します。






たそがれて慰安旅行

 今朝の出来事、僕のいつもの「たそがれ頭」をブラシで撫でていたら、いつもの防災無線が流れてきた。

「迷い犬のお知らせです。昨日、出雲空港ホテル付近で迷い犬を捕獲しました。メスの柴犬で赤と青のチェックの首輪をしています。お心当たりの方は市民課までご連絡下さい!」。
僕には一瞬で心当たりがありました。まさしく前の晩、僕の車に突進してきたワンちゃんです。柴犬のメスだったのかァと思うと同時に、とにかく無事で何よりでした。ぶつかりそうになった地点からおよそ2Km程の地点で捕獲されたようです。暗い夜道を恐怖の中、心細い一人旅をしていたようです。

そんな朝一番のお知らせに、ひと安心したかと思えば、とても情けない旅のニュースがテレビで流れていました。


みなさまもご存知だと思いますが、千葉県警のとある警察署。ストーカーの被害を相談しに来た方をさて置いて、こぞって慰安旅行。僕の常識は間違っていたようです。一年中、休まず治安を守る警察の方々は大変です。したがって、個人の休暇中にリフレッシュのために旅行することは当然あることでしょう。しかしこの場合、仕事を止めてこぞって集団で旅行。しかも「慰安旅行」ですって。中小企業の僕の会社でも、慰安旅行とあれば、真っ先にお客様のことに配慮して、清水の舞台から飛び降りるような決断と思い切った出費が必要となります。

僕の常識では、国家、国民を守る人たちは、こぞって「慰安旅行」をすることは無いと思っていました。旅行に行くならやはりお客様のことをまず優先し、こっそりとプライベートの方が良さそうです。








したがって、僕も社員には内緒でこっそりと行って参ります。

那覇空港に着いたら、ひとまず中部の方へ北上し、琉球舞踊の観賞でモチベーションを高めます。










そしてしばらくは、、

綺麗な海を見ながら撮影三昧。好きな本を読んだりのんびりと過ごします。













帰る日は、那覇市内でグルメとお買い物。
社員に内緒でこっそりと、こんな慰安旅行してバレたら、みんなからブーイングが出るでしょうね。聞こえて来ます「俺達も連れて行け!〜」って。
一先ず、お客様と社内のお困り事を解決してから、時間と予算を工面して正々堂々と慰安旅行に出かけたいと思います。


だけど、みんなで行く慰安旅行もまた格別、何処でもいいから行って見たいですね。

夏のしま旅〜写真旅(7)

< ようこそ下地島へ >

宮古島に来て楽しみにしていた伊良部大橋。

無料区間の橋では日本最長の3,540メートル。

「さんご・の・しま」にちなんで決められたようです。

 

と言う事は、往復で7キロの絶景ウォーキング。

このコース、家の近くにあれば最高ですね。

前回来た時はまだ工事中でした。

今回願いが叶って渡ることが出来ました。

 

s-IMG_2808.jpg

 

ここら辺りがこの橋のてっぺんからの眺望です。

眼下には宮古ブルーの大海原が拡がり絶景でした。

 

s-IMG_2812.jpg

 

s-IMG_2799.jpg

 

渡り切ったその先、ここはもう伊良部島。

「宮古島まもる君」が見守っていました。

この相方は「宮古島まるこ」ちゃん。

ふたり一緒に立っているのは宮古島警察署と宮古空港。

まもる君は良く見掛けますがまるこはあまり見掛けません。

ちなみに、二人のお姿はこんな感じ。

宮古島観光の「お土産品」の超有名人ですね。

 

s-IMG_1293.jpg

 

このお二人はさておき、

今回楽しみにしていた先は「下地島」

その島の下地島空港。航空機ファンの憧れの聖地でした。

 

s-IMG_2747.jpg

 

s-IMG_2749.jpg

 

「夏草や兵どもが夢の跡・・・」

かつては、日本の航空大手2社の新人パイロットの訓練場。

ジャンボジェットも離発着できる距離の空港でした。

大型旅客機のタッチ・アンド・ゴーの撮影ポイント。

それが、経営危機でJALが撤退、やがてANAも撤退。

今ではごく一部のLCCがたまに訓練するくらいのようです。

 

s-20081220_01.jpg

 

画像をお借りしました。

この当時は航空マニアが競って撮影。

今ではもう写すことは無理でしょう。

 

s-IMG_2729.jpg

 

〜とくにオススメしたい絶景ポイントは

下地島空港の17エンドと呼ばれる滑走路の先端付近。

宮古島の中でも1、2を争う美しいグラデーションの海が周囲に広がっています。

時間とともに色を変えるその海はまさに、

「言葉を失う」「息をのむ」といった表現がピッタリで、

きっと感動すること間違いナシ!

ぜひ、ドライブルートに加えてみてください〜

 

s-IMG_2741.jpg

 

この観光情報は誇大広告ではありませんでしたね。

綺麗な「下地ブルー」の海でした。

それはまるで「今すぐ飛び込んでみたくなる海」

 

s-IMG_2756.jpg

 

どちら様も押して上げると喜ばれそうな感じのお背中。

 

s-IMG_2750.jpg

 

s-IMG_2761.jpg

 

下地島空港17エンドにはバスクリーンの海がありました。

 

s-IMG_2797.jpg

 

橋が開通するまではフェリーでしか行けなかったこの二つの島。

島民はもちろん観光客にとってもありがたい橋ですね。

 

s-IMG_2763.jpg

 

もう少し「しげちゃんツアー」が続きます。

自分には何やら親しみが湧く名前のツアーです。