ハルくんが会社にやって来た

< 子は宝 >

s-IMG_8593.jpg

 

育児休暇中の女子社員が顔を見せてくれた。

生後二ヶ月ほどの「はると君」も一緒に。

母子ともに元気そうで何よりも安心した。

とても可愛くて誰もに抱っこのたらい回し。

原課長が抱っこしたら何と眠ってしまった。

横揺れの揺らぎが気持ち良かったのだろう。

我が子の「夜泣き」に訓練を重ねたようだ。

 

s-IMG_8601.jpg

「子は大切な宝もの」

すくすくと元気に育ってほしい。

これからどんどん成長するだろう。

今度会うときまで楽しみにしたい。

「はると君」きょうはありがとう。

虹を見たかい

< にわかな雨と秋の空 >

〜気圧の谷に入り不安定な空模様、

突然のにわか雨にご注意ください〜

この曖昧な天気の表現がピッタリの季節。

どこのTV局の天気予想も当たりません。

昔からのことわざが口から出て来そう。

 

s-IMG_8000.jpg

 

今日のお天気は、正直、はっきり言って、

「あなたの心と秋の空」の予報です〜

これだったら納得出来る予想でしょうね。

 

「突然のにわか雨」

と聞けばカメ爺の期待度は「虹」

このスポットは自分では「虹」の聖地。

これまでに数々の虹と遭遇しましたね。

運が良ければ「ダブルレインボー」

運が悪ければカメラを構える前に消える虹。

「虹を見たかい?」ではなく、

家では「虹を見たかや?」と家内に聞きます。

 

s-IMG_7346.jpg

 

s-IMG_7350-1.jpg

 

s-IMG_7352.jpg

秋色

< 秋色探し >

久し振りにフィールドで秋色探し。

日に日に深まる毎年秋の撮影記録。

自分の中ではこの雰囲気が「秋の色」

シックな枯れ色は何となく寂しい色。

重たい雲がやがて晩秋へと誘います。

 

s-IMG_7983.jpg

 

s-IMG_7984.jpg

 

s-IMG_7999.jpg

 

s-IMG_7998.jpg

公園のベンチにて

< 絆ベンチ >

s-IMG_8344.jpg

「ひこうきさんバイバイ!」

肩車姿の親と子の声が聞こえてきました。

時には脚立代わりに利用されるこのベンチ。

肩車で立ったパパの光景は初めてでしたね。

いつもここでは心が和む光景でいっぱい。

親子やカップルの「絆」を深める場所です。

 

s-IMG_8338.jpg

 

s-IMG_8219.jpg

十月の豆助

< 神無月 >

s-201810_1280x800_.jpg

今月も折り返したので今日は十月の「豆助」

「神無月」の豆助の壁紙はこんな感じでした。

囲炉裏の炉縁に手を掛け視線を落とす豆助。

朝晩寒くなったので暖を求めているかのよう。

いずれ可愛い和風総本家の豆助の撮影でした。

 

< 乾電池で動く豆助 >

s-IMG_7902.jpg

 

s-IMG_7898.jpg

わが家の豆助に人気の電池で動く「豆助」

1号から4号まで平等に買い与え「四匹」

昔と違って手足の動きもリアルな中国製。

泣き声と機械音でやかましさも4倍ですね。

ほんのしばしの飼育になりそうです。

風向きを掴む

< 今朝のお天気カメラ >

s-DSC_1252.jpg

十月も前半が終わりもう後半戦。

また新しい一週間が始まりました。

今朝は横着してスマホでのお天気カメラ。

今の気温は15℃くらいでしょうか。

風も無く穏やかな出雲の朝です。

 

s-DSC_1254.jpg

ここまでの風景はいつもと変わりません。

しかしカメラを振ると車両は通行止め。

 

s-DSC_1250.jpg

遅ればせながら社会インフラの公共整備。

公共下水道の本管埋設工事が始まりました。

工事業者もこれからこれで「がっちり!」

来年はこれで弊社もトイレで「がっちり!」

「消費増税」も一時の追い風でしょうか。

やる気満々に見えた総理の朝の顔でしたね。

何かそんな予感がする今朝のお天気カメラ。

 

< 風向きを掴む >

s-IMG_7581.jpg

風向きには大きく分けて

「向い風」「無風」「追い風」ですね。

今の自分にはどんな風が吹いているのか。

自分の心の風向きにも影響するのでしょう。

風向きを掴み自覚できるようにしたいもの。

ストレスという「風」にも要警戒ですね。

軽トラのある情景

< 日曜の黄昏どき >

s-IMG_7134.jpg

 

s-IMG_7129.jpg

残照

< 残照 >

s-IMG_7554.jpg

 

s-IMG_7557.jpg

 

s-IMG_7556-1.jpg

 

s-IMG_7558.jpg

「残り物には福がある」

雲に諦めて帰っていたら見れなかった光景。

最後の力を振り絞って燃えてくれました。

望みを持ってあきらめない事が大切ですね。

暑かったこの夏

< 雨上がりの秋空 >

s-0C0A1817.jpg

北風に乗って寒気が流れ込んだようですね。

気温は12度ほどでしょうか。

肌寒い朝を向かえた出雲地方です。

昨日までの憂さを晴らすかのような空。

秋の白い雲が清々しく心に映りました。

 

s-0C0A1805.jpg

 

s-0C0A1808.jpg

この夏の暑さは何処へ行ったのだろう。

肌寒い今となっては戻って欲しい体感。

これからはこんな画像で暖を取りそうです。

 

< この夏の暑さ >

s-IMG_9233.jpg

 

s-DSC_1173.jpg

今朝の構図

今日は朝から小雨が降ったり止んだり。

しかも夕方のような薄暗い空模様。

気分もパッとしないのは自分だけでしょう。

そんな朝は会社の見廻りで野鳥を発見。

水路に佇むコサギを写して見ました。

油でも浮いているかのような汚い用水路。

もう少し綺麗な水辺を選べばいいのにね。

 

< composition >

s-IMG_6809.jpg

普段人間に敏感なこの野鳥も反応なし。

おかげで構図を変える余裕が持てました。

せっかくの白い毛並みが金気に染まる姿。

何か体調不良を起こしているような様子。

自然界で生き抜く厳しさを想像しました。

「早やこと病院へいかっしゃいよ!」

 

s-IMG_6809-1.jpg

 

s-IMG_6803.jpg

 

s-IMG_6802.jpg

< 構図 >

絵画に代表される平面的造形作品の画面構成を構図とよぶ。したがって画面上のすべての視覚的要素が構図を決定する要素であり、構図は絵画のもっとも本質的な部分を形成するものである。<日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より>