師走の足音

< Flamingo >

s-IMG_9173.jpg

今月も早いもので今日はもう20日の締日。

カレンダーを見ると業務もあと七日ですね。

来週からは何かと気忙しくなる事でしょう。

 

s-IMG_9175.jpg

 

s-IMG_9176-1.jpg

 

s-IMG_9176.jpg

これといって何も用事は無さそうなのに、

〜あっちソワソワ、こっちソワソワ〜

この鳥は師走感ぴったりの鳥ですね。

宍道湖暮色

< 蒼い湖 >

s-IMG_9806.jpg

青空が湖面に映り蒼く染まりました。

冬の宍道湖で貴重な「青」のひと時です。

 

穏やかな青い湖面に糸を垂らす釣り人。

師走の慌ただしさを忘れさせるこの情景。

しばしの間穏やかな気持ちになれました。

年末年始もこんな穏やかだと良いですね。

 

s-IMG_9819.jpg

 

s-IMG_9816.jpg

 

s-IMG_9818.jpg

 

s-IMG_9817.jpg

社長は消える、

< 社長は消える、

スナックのママは生き残る >

s-IMG_8084_1.jpg

競い合う看板はインパクトが大切でしょう。

何処のお店の看板も集客力を感じますね。

 

随分と前に覗いたネット配信のコラム。

〜社長は消える、

スナックのママは生き残る〜

こんなタイトルならスルーも出来ません。

なるほど、なるほど、そげだわな。

中身はいろいろご想像にお任せします。

そういう自分はいつ消えるのだろう。

ときどき思い出す印象に残るコラムでした。

 

s-IMG_7847.jpg

 

s-IMG_8090.jpg

 

s-IMG_8096.jpg

「ダサい社長」が日本をつぶす!

ダメ社長とママのファッション感覚の違い。

〜社長は消える、

スナックのママは生き残る〜

取り分け悩むほど深い意味はありませんね。

雲上の夕月夜

< 夕月夜 >

久し振りに青空が顔を覗かせたこの週末。

赤く染まる雲の上に月を写してみました。

この時間なら夕月夜とでも呼ぶのでしょう。

冬とは言えやはり青い空は良いものですね。

 

s-IMG_9659.jpg

 

s-IMG_9660.jpg

また新しい一週間が始まりましたね。

今年も残すところ二週間となりました。

来週はもうサンタさんです。

日曜の黄昏どき

< 冬の帰り道 >

s-IMG_8001.jpg

 

s-IMG_8002.jpg

夜間飛行

< Night flight >

s-IMG_8877.jpg

 

s-IMG_0223.jpg

夕暮れに出雲空港で対戦相手を待ちました。

昼間と違い流石にキッチリと写せませんね。

ピントもシャッター速度も稼げません。

機体と同じく体も寒さで震えながらの撮影。

やはり無謀な「夜間飛行」の撮影でした。

出雲ナポリタン

< いずナポ >

s-IMG_0242.jpg

 

s-IMG_0248.jpg

 

s-IMG_0241.jpg

以前から気になっていた喫茶店のノボリ旗。

初めて食べた「出雲ナポリタン」

文吉うどん・トマトケチャップ・ベーコン。

地元の食材の企業間コラボ作品のようです。

平麺好きな方にはこれもアリでしょうね。

氷雨の朝

< 冷たい雨 >

s-IMG_9587.jpg

 

外は冷たい雨が降ったり止んだり。

この時季冬の風物詩「氷雨」ですね。

こんな雨が四季の中でいちばん嫌い。

身も心までも冷たくしてしまいます。

とは言え、この冬も始まったばかり。

どんな日でも気分を上げるしかありません。

 

s-IMG_0280.jpg

台所では元気な象さんとうつむく熊さん。

こんな日はゾウさんのモチベでしょうね。

 

s-IMG_9588.jpg

こんな日は暖かな毛布に包まれ。。。

朝からこれが至福の時間でしょうね。

都会の音

< 上空侵犯 >

s-IMG_8400.jpg

 

今日の撮影のロケ地は会社の駐車場です。

対戦は許可なく領空を進入するヒコーキ。

この建物を目印に降下しているかのよう。

目指すは4キロ先の「出雲縁結び空港」

気象によっては会社の真上を通過します。

 

s-IMG_8252.jpg

 

s-IMG_8253.jpg

〜おい!ちょっと高度低すぎない?〜

〜滑走路の手前で降りるなよ〜

 

たまに心配させるパイロットもいますね。

田舎にあって、唯一自慢げな都会的情景?

いや、都会的な「音」が聞こえてきます。

虹の彼方に

< 大山冠雪 >

雲の下に雪を纏った大山が顔を出しました。

この寒気の影響で積雪があったようですね。

虹の聖地では一瞬でしたが歓迎のアーチ。

ものの五分ほどの共演でした。

冬の大山はこれから見逃せない被写体です。

 

s-0C0A2323.jpg

 

s-0C0A2323-1.jpg

 

s-0C0A2315.jpg

 

s-0C0A2315-3.jpg

 

s-0C0A2315-4.jpg

 

s-0C0A2334.jpg

 

s-0C0A2314.jpg