暖かな日差しの下で

< 軽トラのある情景 >

s-IMG_1784.jpg

二月とは思えないような温もりのある日差し。

不思議な感覚でこの長閑な情景を写しました。

このまま雪を見ない冬が終わるのでしょうか。

きょうはもう二月も最後の土曜日ですね。

今週は大阪出張や何かとざわついた一週間。

宍道湖百景

< 寒鮒漁 >

s-IMG_4590.jpg

 

s-IMG_4592.jpg

 

s-IMG_4591.jpg

今日のロケ地は久し振りに宍道湖百景。

拡がる視界に一隻の漁船が印象的でした。

網に掛かったのはキラキラと鱗が輝く鮒。

宍道湖七珍ではないものの貴重な「寒鮒」

この時季のフナ刺しは美味しいですね。

宍道湖の漁師さん!ご安全に・・・

目に見えないもの

< どこにでも神様 >

s-IMG_3950.jpg

 

s-IMG_3947.jpg

仕事柄、心が引き寄せられる巨樹や巨木。

その中でも朽ちていく老樹は別格の存在。

その姿には思わず手を合わせてしまいます。

自分の心だけに映る「どこにでも神様」

8Kカメラでさえ捉えることはできません。

夕空の落書きに笑う

< 見上げる夕空 >

夕空に思わず笑ってしまいました。

広告紙の裏に豆助が書いたぼくの似顔絵。

この日は夕空に落書きしたようです。

 

< 豆助の落書き雲 >

s-IMG_4468.jpg

 

s-IMG_4467.jpg

「ハ〜イ!ジィーちゃんのかおだよ!」

「どれどれ〜じょうずにかけたね〜」

褒めると調子に乗ってどんどん変な顔。

最後は宇宙人のような顔になります。

早春賦

< 宍道湖早春 >

s-IMG_0693.jpg

 

s-IMG_0698.jpg

♪ 春は名のみの 風の寒さや・・・♪

ひと足お先に宍道湖西岸から「早春賦」

この光景はこの時季滅多に拝めません。

貴重な晴れ間も次の日は決まって「雨」

光の春

< 朝の光 >

s-IMG_4356.jpg

 

s-IMG_4356-1.jpg

太陽の明るさで感じる春の足音。

日差しの強さが少しずつ増して来ました。

「光の春」を感じさせる月曜日の朝。

氷点下1,4℃と厳しい寒さです。

また新しい一週間の始まりですね。

 

s-IMG_4349.jpg

梅も次から次と開花、早春を告げています。

夕陽に向かって

〜よいショッ!〜

夕暮れに伊丹へ向かうJALを送りました。

隣りには孫らしき子を抱っこしたお婆さん。

ぼくのカミさんと豆助ではありません。

よいショッ!て言ったら笑われました。

夕陽に向かって、いってらっしゃい!

 

< 逆光への旅立ち >

s-IMG_3673.jpg

 

s-IMG_3675.jpg

 

s-IMG_3677.jpg

 

s-IMG_3680.jpg

これも「一期一絵」の偶然のご縁ですね。

きっと、こころの保健室

< 今日の一冊 >

s-IMG_4063.jpg

久し振りに暖かな優しい本を買いました。

著者は、ぼくが大好きな「鎌田 實」先生。

これまでこの方の本は大切にしています。

七十代の先生が十代の君へ贈る優しい言霊。

きっと「心の保健室」になると思います。

 

< 脱・呪縛 (鎌田 實・著 理論社)より >

s-81NxdEB5llL.jpg

十代の君たちばかりではなく、

十代と暮らすお父さんやお母さん。

十代に相対する教育現場の先生方。

大人は買ってはいけません(笑)が、

ぜひ読んでもらいたい一冊ですね。

曇り、ときどき輝いて

< 明けの空 >

s-IMG_4328.jpg

 

s-IMG_4329.jpg

今朝の気温はプラス0.5℃と寒い朝でしたね。

出社間もなく雲に呼び止められ記録しました。

今日一日の何を暗示してるのか〜明けの空〜。

< 曇り、時々輝いて >

s-IMG_4332.jpg

机の上に置いてあったチョコの小箱。

送り主を見ると第二生命のじゅんこさん。

こんな老いぼれでもまだ名簿にあるよう。

ありがとうございました。

そういえば今日は「大安吉日」でしたね。

今日は何の日

< Valentine's Day >

s-IMG_9488.jpg

 

s-IMG_9490.jpg

2月14日は「何の日?」

世間では「ハイ!これどうぞ!」の日。

自分には「2月も半分終わった」の日。

あのワクワク感はどこへ行ったのやら。

ここ数日「駆け込み」に望みを掛けます。