隠岐の島旅〜写真旅(9)

< かぶら杉 >

車で横付けができる巨樹・巨木探訪。

八百杉の後は「かぶら杉」です。

根元付近から6本に分かれた幹が特徴。

樹高約38,5m、樹齢は約600年と伝えられています。

 

s-IMG_2316.jpg

 

s-IMG_2315.jpg

 

s-IMG_2312.jpg

 

s-IMG_2314.jpg

 

s-IMG_2313.jpg

 

ということで今回の巨樹・巨木探訪もこれで終わり。

隠岐の島旅〜写真旅の掲載もこれで最終回。

西郷の街並みや港を後に本土に帰りました。

 

s-IMG_2301.jpg

 

s-IMG_2215.jpg

 

隠岐の島旅〜写真旅(8)

< 玉若酢神社 >

ここは隠岐の島町西郷港から車で5分。

「たまわかすみことじんじゃ」に参拝しました。

この島で最初に訪れる観光地でしょうね。

本殿を含め門と拝殿がともに重要文化財です。

 

s-IMG_2308.jpg

 

s-IMG_2303.jpg

 

ここの楽しみは境内にある「八百杉」に再会すること。

久し振りの八百杉はやはり威風堂々とした姿でした。

といっても流石に年老いて要介護を支えるつっぱり棒。

内部の腐食が進んでいるようですね。

 

s-IMG_2304.jpg

 

この杉の巨木は国指定の天然記念物。

樹高は30m、樹齢は千数百年とされています。

木を生業とする者には心揺さぶられる幹回り。

永い間の風雪に耐え抜いた樹皮にも注目です。

 

s-IMG_2305.jpg

 

どうやら鮮やかに綺麗な樹皮は樹木医の施術の痕跡。

傷みによる「アデランス」を着用したようです。

 

s-IMG_2307.jpg

 

苔むすこの樹皮が古来からの本来の姿でしょうね。

 

隠岐の島旅〜写真旅(7)

< 港町ブルース >

昭和の演歌が聞こえてきそうなここは隠岐の島町港町。

待ちに待った夕暮れどきがやって来ました。

食事処はこの島の有名店でしょうか「料亭・末廣」

地元の新鮮な魚介類は目を見張る品々でしたね。

一度にこんなに魚介類を摂取したのは記憶にありません。

板長さんに敬意を称して失礼が無いよう丁寧に撮影です。

 

s-IMG_2288.jpg

 

s-IMG_2289.jpg

 

s-IMG_2291.jpg

 

s-IMG_2293.jpg

 

s-IMG_2295.jpg

 

締めは「隠岐そば」で終わる予定がミラーボールで末広がり。

地元漁師に受けそうな今では懐かしい豪華なカラオケクラブ。

酔いに任せて自分も昭和歌謡を二曲も歌ってしまいました。

これも隠岐の島旅の良い思い出に残るのかな。

 

s-IMG_2297.jpg

 

s-IMG_2298.jpg

 

s-IMG_2300.jpg

 

隠岐の島旅〜写真旅(6)

< 通天橋に観音岩 >

摩天崖をゆっくり降りると国賀浜です。

ここも自然が創る力を感じるパワースポット。

アーチに海食された通天橋と百済観音の観音岩。

観音様に見えた人には特別なご利益でしょうか。

自分にもそのお顔、そのお姿を確認できました。

 

s-IMG_2286.jpg

 

s-IMG_2279.jpg

 

s-IMG_2283.jpg

 

s-IMG_2282.jpg

 

s-IMG_2280.jpg

 

s-IMG_2284.jpg

 

s-IMG_2281.jpg

 

s-IMG_2285.jpg

 

ここはサスペンスドラマの聖地。

「京都・隠岐殺人事件」「後鳥羽上皇殺人伝説」

 

「チャンチャンチャ〜♪〜チャンチャンチャ〜♪」

ドラマの撮影ロケ地にぴったりの場所ですね。

 

隠岐の島旅〜写真旅(5)

< 摩天崖 >

s-IMG_2271.jpg

 

s-IMG_2269-1.jpg

 

s-IMG_2264.jpg

 

s-IMG_2263.jpg

 

s-IMG_2268.jpg

 

よくぞここまで海食作用で削られたものですね。

海抜257メートルの大絶壁です。

日本でも有数の高さではないでしょうか。

放牧地では牛馬がのんびり草を食べてる姿。

牧歌的な風景がたまらない撮影の定番スポットです。

今夜は隠岐牛の焼き肉を食べれるのかな。

 

 

隠岐の島旅〜写真旅(4)

< 赤尾展望所 >

s-IMG_2257.jpg

 

s-IMG_2260.jpg

 

s-IMG_2260-1.jpg

 

s-IMG_2261.jpg

 

ここは日本の夕日百選に選ばれた場所ですね。

隠岐を代表する景勝地「国賀海岸」を一望できる人気スポット。

いつ訪れても心も広がる雄大な景色です。

 

 

隠岐の島旅〜写真旅(3)

< 知夫の赤壁 >

s-IMG_2237.jpg

 

s-IMG_2239.jpg

 

s-IMG_2243.jpg

 

s-IMG_2232.jpg

 

s-IMG_2246.jpg

 

s-IMG_2251.jpg

 

s-IMG_2254.jpg

 

遊覧船に乗って向かうのは知夫里島の赤壁。

太古からの浸食で岩肌がダイナミックな景観でしたね。

波が高く船酔いしそうな赤壁の撮影でした。

この島は隠岐島前の知夫村です。

 

ガイドブックによれば、

人口:約600人 / 面積:13.69平方km / 周囲:約27km

牛:約600頭  /   馬:約10頭 / たぬき:約2,000匹

小中一貫校:1校

 

< RED WALL >

s-IMG_2250.jpg

 

s-IMG_2250-1.jpg

 

s-IMG_2249.jpg

 

隠岐の島旅〜写真旅(2)

< 海の駅 >

s-IMG_2219.jpg

 

s-IMG_2221.jpg

 

s-IMG_2222.jpg

 

s-IMG_2223.jpg

 

ここは、「おき・にしのしま・うみのえき」

国土交通省から認定された正式な「海の駅」だそうです。

たった今、ネットで調べたらわかる始末。

この時は係留された船が新鮮でぼんやり眺めていました。

人影も無くただただ長閑で静かな波止場の印象でしたね。

 

ガイドブックによると

西ノ島町(西ノ島)

人口:約2,900人 / 面積 55,98平方km 

周囲:約117km  / 牛:約600頭  馬:約50頭

小学校:1校、中学校:1校

 

< MARINE STATION >

s-IMG_2225.jpg

隠岐の島旅〜写真旅(1)

< 潮風に咲く紫陽花 >

s-IMG_2317.jpg

 

s-IMG_2318.jpg

 

s-IMG_2320-2.jpg

 

s-IMG_2319.jpg

 

潮風が吹き抜ける山肌に咲く花を発見。

この色の紫陽花は自分の好みの色です。

それにしてもこんな所で見えるとは不思議。

眼下には風光明媚な白島海岸が見えます。

 

s-IMG_2324.jpg

 

役員で在籍する会社の株主総会へ参加してきました。

会場となった場所はちょっと近場の県内の離島。

ここはダイナミックな自然が残る隠岐の島町です。

一泊二日で訪れた「梅雨の島旅~写真旅〜」

画像で隠岐の観光PRをさせて戴きますね。

よろしければご覧ください。

 

s-IMG_2322.jpg

スタートライン

< 本物の友情と絆 >

s-IMG_0612.jpg

 

お昼のテレビのニュースで見たまさかの光景。

米朝首脳会談がついに実現しましたね。

「リトル・ロケットマン!」

「老いぼれ!」と、互いがののしり合ったのは去年の事。

一年も経たない内に誰がこの光景を想像できたのでしょう。

 

いずれこの日がひとまずスタートライン。

本物の友情が芽生えることを願うばかりですね。

 

s-IMG_0616.jpg

 

ちなみに、

この二人は一時間もしない内に喧嘩を始めました。

毎日喧嘩を繰り返しながら絆を深めているのかな。