虹の橋

虹 虹の橋 虹

刻々と急変する冬の山陰の空模様。

寒空に唯一心温める一瞬の虹の橋。

虹が出やすい天候になりましたね。

撮影にはこの思わぬ出現は大歓迎です。

これだけは歓迎しない人はいないはず。

カメラ 「はや!はやっ!カメラ!」 カメラ

何か良いことが起こりそうな今日は大安吉日。

 

s-IMG_0440.jpg

 

 

s-IMG_0448-2.jpg

 

 

 

宍道湖残照

< 残 照 >

s-IMG_7073.jpg

 

 

s-IMG_7076_1.jpg

 

 

s-IMG_7077.jpg

 

初冬を向かえた宍道湖に時折ちらつく雪。

真冬並みの寒気が入って来たようですね。

昨日の気温はお昼で5度と寒い一日でした。

冷たそうな湖面に伸びる幾筋かの暖かな光。

松江の街並みの上空で焼けた雲の残照です。

静かな湖面の冷と暖を対比して見ました。

 

出雲大社から神等去出祭

< 神等去出祭 >

全国の神々の神迎えから一週間。

あっと言うの間の短い滞在ですね。

今年も会議を終えて旅立たれたのでしょうか。

出雲大社からお立ちになる神等去出祭。

厳かな神事と目に見えぬ神々に思いを馳せます。

 

s-0C0A4491.jpg

 

 

s-0C0A4541.jpg

 

 

s-0C0A4567.jpg

 

 

s-0C0A4506.jpg

 

 

ハグみじゅうたんの魅力

< ハグみじゅうたん >

スタッフブログで連日ご紹介している

年に一度の恒例「ハグみじゅうたん展

先週末の開催から大変ご好評を戴いてるようです。

県内外からのご来店、誠にありがとうございます。

自分もこれを愛用する者として嬉しい限りですね。

ちなみに我が家は勝手口からハグみで始まる毎日。

画像では良さをお伝えできませんので雰囲気だけ。

期間中は百数十点の色柄がそれぞれご覧戴けます。

実際に触れて眺めて説明を聞いて見られませんか。

「ハグみじゅうたん」の優しい物語が聴けますよ。

 

s-IMG_7467.jpg

 

 

s-IMG_7466.jpg

 

 

s-IMG_7473.jpg

 

 

s-IMG_7479.jpg

 

 

s-IMG_7470.jpg

 

 

s-IMG_7481.jpg

 

 

s-IMG_7477.jpg

 

 

s-IMG_7478.jpg

 

 

s-IMG_7474.jpg

 

 

s-IMG_7481-1.jpg

 

 

**************************

       【ハグみじゅうたん展】

 

日時:12月2日(土)〜12月10日(日) 9:30-18:30

 

      場所:木のギャラリー キムラ

 

        〒699-0502 島根県出雲市斐川町荘原2227-2
         TEL: 0853-72-8828  FAX: 0853-72-8023

               ✉:shop@woody-kimura.co.jp

**************************

 

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

< 風 >

s-IMG_0017.jpg

 

・・・そこにはただ風が吹いているだけ・・・

 

今朝はラジオから歌手のはしだのりひこさんの歌声。

リスナーからの追悼のリクエスト曲の数々。

どの曲も自分の青春時代に影響を与えた名曲。

そのなかでも「風」をいちばん良く歌っていましたね。

その頃使っていたギターは今でも健在です。

今日の画像は ギター はしださん ギター を偲んで「風」

 

 

12月のテーマは「感謝」

< 12月1日 >

どんよりとした鉛色の空と冷たい空気。

いよいよ師走、12月に入りましたね。

月例の全体朝礼も今年最後になりました。

全員が健康で残り一カ月を過ごしたいものです。

 

s-IMG_7453.jpg

 

今月の司会者からは一発芸の朝ライブ。

無事故無災害を祈念して太鼓を叩いてくれました。

 

s-IMG_7451.jpg

 

朝一番でやりにくい中、誰でもできない技を披露。

それぞれ色々な想いで静まり返って聴いていました。

こうした奉仕の精神がやがて実を結ぶことでしょう。

 

みんなが元気をもらったところで、

今月のテーマは「感謝」

自分の周りの恩恵に目を向けて、

感謝の心を常に忘れずにいたいですね。

 

 

ありがとう 感謝 ありがとう

s-0C0A8652-2.jpg

 

たとえ天涯孤独の人でも、一人では生きているわけではない。

衣食住は言うに及ばず、何らかのかたちで他人と関わりつつ、

社会の恩恵を受けて暮らしている。

 

そのことのありがたさを心に刻み、少しでも恩に報いるべく、

自分のできることをしていく。

社会の向上発展、周囲の人々の幸せに資するよう努めていく。

そこに生きる意義があり、生きる価値があるといえよう。

 

社会の発展のため、他人の幸せのためなどというと、

自分にそんな力は無い、

日々の生活に精一杯で他を顧みる余裕などない、

という人もあるかもしれない。

 

しかし社会とつながっているということは、

お互いにその中の意味ある一員だということ。

決して無用な存在ではない。

また、一人ひとりがそうした気持ちを持たなければ、

この世は索漠としたものになってしまう。

そしてそれは他人のためだけではない。

誰かの役に立っていると思えれば、

それだけで人は生きていけるのである。

 

仕事や人生に倦んだら、周りの恩恵に目を向けてみたい。

感謝の心を常に忘れずにいたい。

 

月刊「PHP誌12月号」より

 

晩秋の落し物

紅葉 晩秋の落し物 紅葉

s-IMG_9667.jpg

 

今月最後の画像は「秋の落し物」

この秋もたくさん楽しませてもらいました。

綺麗な紅葉に魅了された方も多いでしょう。

晩秋から初冬へと季節はバトンタッチ。

早いもので明日からもう師走に入りますね。

 

s-IMG_9667-2.jpg

 

 

s-IMG_9663.jpg

 

 

s-IMG_9664.jpg

 

 

s-IMG_9665.jpg

 

 

 

 

 

小春日和

手 孫の手 手

s-IMG_9589-1.jpg

 

この時季にしては珍しく穏やかな小春日和。

昨日は気温も18度と暖かな一日でしたね。

 

ふわふわで温かそうな毛布に包まれお昼寝タイム。

この時だけはじっくりと成長を確認出来ます。

撮影しながらかゆみを覚える自分の背中。

まだまだこの孫の手はお役に立ちません。

昔から手孫の手手とは良く言ったものですね。

 

めちゃ昭和の味

< Love Love >

国道沿いに喫茶店が流行った昭和の時代。

その時代に乗ったかのようなお店もやがて閉店。

その中でもここだけはお客様に支持されたようです。

 

当時の面影が今も残る数少ない貴重なお店。

出雲市郊外の喫茶ラブラブに寄って見ました。

創業40数年に及ぶ銘店のひとつでしょうね。

 

ハンバーグとナポリタンを家内と二人でシェア。

どれも今では懐かしい昭和の喫茶店の味でした。

二十代の頃にタイムスリップしたかのような気分。

味はもちろんママさんのとても親切な対応に感動。

ファンの心を永く引き付ける理由が分かりましたね。

失礼ながらスマホで記念に残させていただきました。

 

 

s-DSC_0963.jpg

 

 

s-DSC_0968.jpg

 

 

s-DSC_0968-2.jpg

 

いつの頃からパスタと呼ぶようになったのだろうか。

ぼくは絶対スパゲティー、それも必ず パスタ ナポリタン パスタ

 

 

神迎え

< 神迎え >

s-IMG_7376.jpg

 

 

s-IMG_7366.jpg

 

 

s-IMG_7367.jpg

 

「神在月」の出雲では今日は神迎えの日。

ここ出雲大社では神迎祭から始まり神在祭。

神々と静かに過ごす一週間が始まります。

八百万の神々とともに全国からの参拝客。

今年も元気でこの日を迎えられ神謝、神謝。

 

s-IMG_9601.jpg

 

日沈む聖地では夕刻七時より神迎え神事ですね。

今日は例年にない穏やかな日になりそうです。