一瞬を追う

< タイミング >

一瞬のタイミングを狙うには短気は損気。

粘り強く我慢強くその一瞬を待ちます。

 

そんなこの日は「野鳥倶楽部」の撮影会。

すっかり冬鳥が去ってしまった静かな宍道湖。

したがってモデルに選んだのは留鳥の「サギ」

それはそれは神経質で用心深いモデルさんです。

 

こちらをチラ見したら一瞬に飛び去るいつもの習性。

そのタイミングがシャッターチャンスですね。

ぎりぎりまで忍び寄ってチラ看していただきました。

慌てふためくその姿がとてもユーモラスに見えました。

モデルさん、驚かせてごめんなさい ごめんなさい

 

s-IMG_0634.jpg

 

s-IMG_0636.jpg

 

s-IMG_0637.jpg

 

飛び去ってしまったら舞台は宍道湖の湖面。

この時間帯にはこのモデルさんも姿を現します。

 

s-IMG_0314.jpg

 

この立ち姿は「鈴木」さんじゃないですか?

人間違いでなければ宍道湖七珍の有名人(魚)

スズキ狙いの釣り人に見つからなければ良いのですが。

 

s-IMG_0635.jpg

 

そんなこんなで一瞬を切り取るのは楽しいものです。

 

 

眠れなかった夜

 

9日未明、島根県で震度5強の揺れを観測する地震が発生しました。

各地で土砂崩れや断水などが相次いでいます。(TBS系(JNN))

 

地震お見舞い申し上げます

 

< 家族の安否 >

s-s-IMG_3117.jpg

 

「何が起きたのだろう」

突然の強い揺れを感じて目が覚めました。

発生は深い眠りに入っていたと思われる一時半頃。

そのあと防災無線や災害メールやテレビの地震速報。

震源は大田市付近でマグニチュード6,1、最大震度5強。

ここ出雲では震度5弱の揺れを観測したようです。

この揺れの強さは久し振りの体感でした。

震源地や周辺の地域ではニュースにあるような被害。

今後しばらく余震に注意が必要のようです。

 

< 4月3日 >

s-IMG_0857.jpg

 

s-IMG_0858.jpg

 

s-IMG_0865.jpg

 

s-IMG_0866.jpg

 

何か予兆があったのか一週間分の画像を調べて見ました。

何処かで何か起こらないようにと思いながら見つめた空。

自分が嫌いな長く伸びる重たい怪しい雲がありました。

まさか今日の地震とは関係は無いと思いますが、、、

 

 

 

 

桜便り

< 桜便り >

s-IMG_0373.jpg

 

s-IMG_0365-1.jpg

 

いつものフィールドではこの木が自分の標本木。

蕾の膨らみから待ち遠しかった花の開花予想。

今年は花付きも良く長く楽しませてくれました。

元気なさくらにはやはり青空が似合いますね。

長々引きずってしまった「桜便り」

2018〜桜〜 今年はこれで最終回。

 

寒の戻り

< 花冷え >

s-0C0A0081.jpg

 

s-0C0A0093.jpg

 

s-0C0A0100-1.jpg

 

s-0C0A0100.jpg

 

さくら花冷えの侯、さくら

この季語の出だしが浮かんでくる寒い土曜日の朝。

つい一週間前、日中汗ばむ陽気でしたがこの寒さ。

季節が二カ月も後戻りしたかのような寒さですね。

例年なら週末の今日明日が  さくら桜まつりさくらも本番。

祭りの実行委員会もこれだけはどうにもなりません。

さくらの名所もちょっと寂しい夜の葉桜でしょうか。

 

さくら 花冷えの折、くれぐれもご自愛ください さくら

 

さくらの花の咲くころに

さくら さくらの花の咲くころに さくら

満開の桜の木の下で可愛らしいモデルさんを発見。

入学前の男の子と女の子がピカピカのランドセル。

ご家族で記念写真を撮っていらっしゃいました。

パパカメさんとママアシさんの懸命のポーズ指示。

思い出に残る微笑ましい写真が撮れたでしょうね。

 

s-0C0A0026.jpg

 

カメ爺も息子の入学の日を思い出すようでしたね。

たしか公園の坂の途中のやや散り始めの桜の木の下。

その頃はもちろんカメラ 写るんです カメラの全盛期でした。

老人 あぁ〜あれからすでに二十五年余りが経過。

 

s-0C0A0020.jpg

 

s-0C0A0020-1.jpg

 

s-0C0A0058.jpg

 

「せーいので、思い切りジャンプするんだよ!」

 

s-0C0A0060.jpg

 

大成功!

 

この子達もこの日を忘れないで欲しいですね。

保護者さんも大きな声で懸命の撮影でしたよ。

 

今日は南からの強風が吹き出し始めました。

そんなラジオからは三十年前に流行った歌。

やけにこの日にピッタリな曲に聴こえました。

 

さくら さくらの花の咲くころに さくら (渡辺美里)

覚えていてね、想いだしてね、

さくらの花の咲くころに、、、

覚えていてね、想いだしてね、

風の強い春の日には、、、

 

 

 

 

満開の桜の木の下で

さくら 桜の木の下で さくら

芝生の広場で元気に遊ぶ子供たちを発見。

お花見のスナップには必須のモデルさんですね。

かといってなるべく顔を写さないように気を使います。

元気に遊びまわるのでなかなか厳しい撮影になります。

 

s-0C0A9944.jpg

 

s-0C0A9945.jpg

 

s-0C0A9956.jpg

 

s-0C0A9960.jpg

 

s-0C0A9969.jpg

 

s-0C0A9975.jpg

 

s-0C0A9984.jpg

 

s-0C0A9985.jpg

 

s-0C0A9995.jpg

 

今年の桜は昨年より一週間も早い開花。

その開花に合わせたかのように好天続き。

昨日は12日振りの降雨になりましたね。

満開の桜もこの雨で花を散らしたことでしょう。

 

おかげで今年もたくさん綺麗な桜を撮影出来ました。

桜の下でそれぞれ思い思いの春を楽しむ情景は大好き。

百花繚乱の春。次は何が楽しませてくれるのでしょうね。

 

インバウンド桜

さくら 桜とインバウンド効果 さくら

はるばる遠い出雲までいらしたものです。

出雲大社の参道脇でインバウンド客発見。

お顔とお国の衣装からしてインド?

雰囲気はそれともパキスタン?

カメラ カメラOK? カメラと尋ねる言語も自信なし。

「たまたま桜と一緒に紛れ込んで写ってしまった」

ということでご理解願えませんでしょうか。

満開の桜と異国の方のお花見の光景でした。

 

s-0C0A9897.jpg

 

s-0C0A9901.jpg

 

s-0C0A9905.jpg

 

s-0C0A9909.jpg

 

s-0C0A9936.jpg

 

s-0C0A9928.jpg

 

s-0C0A9924.jpg

 

さくら これが日本の代表的な春の情景ですよ さくら

蕎麦 出雲そばとぜんざいも食べて帰って下さいね 蕎麦

それと、

おまんじゅう お土産もたくさん買って帰ってくださいね おまんじゅう

 

などなど、声掛けする言葉も勇気も持ち合わせません。

 

出雲大社の白兎伝説

さくら うさぎ うさぎのお花見 うさぎ さくら

出雲大社は松の参道付近で白兎を発見。

桜の下でお花見をしているようでした。

因幡の白兎伝説に出てくるうさぎ うさぎ うさぎ

 

年から年中、お酒 おひとつどうぞ〜 お酒

花より団子で一杯やってる呑兵衛うさぎ。

ここは観光客の撮影ポイントでしょうね。

 

s-0C0A0051.jpg

 

s-0C0A0045.jpg

 

s-0C0A0041.jpg

 

s-0C0A0057.jpg

 

s-0C0A0065.jpg

 

s-0C0A0073.jpg

 

s-0C0A0004.jpg

 

この日は、祓(はらえ)橋近辺の満開の桜を写しました。

若者はインスタ映えするように上手に写すのでしょうね。

昭和の真面目な構図でしか撮らないのが自分のポリシー。

 

今が底だ

< 四月の全体朝礼 >

 

春のイベントが終わり一週間が経過。

とても長く感じられた一週間でしたね。

週末はしっかりリフレッシュしました。

そして月曜日の今日は全体朝礼の日。

山々は霞んでいましたがほぼ快晴の空。

暖かく気持ちの良い朝のスタートでした。

 

そんな四月のテーマは「反省と努力」

こんな思いで今月も努めたいと思います。

 

「今を底だと思う」

s-0C0A0109.jpg

 

 努力が実って、大いに成果を上げることができたとします。

回りの人たちから賞賛され、収入が増えて、家族からも喜ばれます。

そうしてチヤホヤされていると、人は、知らず知らずのうちに

心のどこかで慢心してしまうことがあります。

 

 成果の中には、もちろん実力で勝ち取ったものもありますが、

いくらか幸運に助けられたものもあるはずです。

ましてや好景気のときには、

実力以上に成果が上がることすらあります。にもかかわらず、

全部自分の実力だと思った瞬間から、慢心が始まるのです。

 

 人は一度慢心すると、

それまでコツコツと続けてきた努力を怠ってしまう傾向があります。

しかし、努力をやめた瞬間から、後退が始まります。

本人は現状を維持しているつもりでも、周りが前進を続けていますから、

気がつくと自分だけが立ち後れていたということになってしまうのです。

 

 質(たち)の悪いことに、

慢心に自覚症状はありません。本人が気づかないうちに、

人を見下したり、横柄な態度が出たりすることがあります。

「勝って兜の緒を締めよ」といいますが、

うまくいっているときこそ、自分を戒める気持ちを持つとともに、

周りの人への感謝を心がけることです。

 

 どんなときでも「今が底だ」と思うよう習慣づけることで、

反省と努力を忘れないようにしたいものです。

 

ベンチ 隣りのベンチ ベンチ

お隣りの空席のベンチが気になりました。

あぁ〜!みなさま何処に・・・

腰掛ける前に立ち去って行かれました〜

 

s-0C0A9876.jpg

 

s-0C0A9884.jpg

 

四月の始まりは「大安」の日曜日でしたね。

ここ出雲教では結婚ラッシュだったようです。

ということはこの前の「前撮り」の花嫁さんも?

満開の桜と華やかな光景にカメ爺も心が和みました。

まさか登場人物全員が、

エープリルフールの「ナンチャッテ」ではないはず。

春になると若い女性に勝手にカメラが反応して困ります。

 

夕桜

さくら 夕桜 さくら

s-IMG_0541.jpg

 

 

s-IMG_0543.jpg

 

 

s-IMG_0547.jpg

 

今日から四月。新年度に入りましたね。

新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

新たな環境に慣れるまではこれからが大変ですね。

どんな時も夢と希望もって日々暮らしたいものです。

 

四月最初の画像は今が旬の「さくら」

日没と共に満月が昇ってきたところを写しました。

自分の好きな夜桜の一歩手前の「夕桜」です。

西の空にはまだ日没の余韻が残っていました。

厳しい厳しい冬の寒さがあってこその開花ですね。