10月の豆助






今日から10月に入りました。

何やら、これから運気も高まる予感がする朝を迎えました。

心を新たに 希望を新たに、10月も頑張っていきましょう。





今月最初の画像は、

プロのカメラマンの画像から





和風総本家から送られてきた 10月の豆助の壁紙から。

流石にプロ。自然光の扱い方、ぼけ具合からくる空気感、計算の上です。

正直、もう少し秋らしい情景かと期待。自分的にはやや物足りない神無月の豆助でした。

お散歩する「豆助」。秋の一日、行楽にでも出かけそうなイメージなのかも知れません。








これからの季節は、秋の絶好の行楽シーズン。

9月に引き続き、今月も体育の日を入れて三連休、楽しみ楽しみ。





「紅葉真っ盛りの北海道へひとっ飛び」 これもアリかも知れません。

イメージだけが先行する、わくわくする10月の始まりでした。

これも、「希望も新たに・・・」のひとつでしょうか。




































 

4月の豆助とオムライス






和風総本家からのメルマガ。豆助の4月の壁紙をダウンロードしました。



豆助は可愛いのですが、ちょっと物足りない季節感。

自分としては、満開のサクラの下でお花見か日向ぼっこを期待していました。





朝から今にも泣きそうな空模様の日曜日。今日は何処にも出かけず、終日孫と過ごしました。

泣いては母乳を飲んで寝て、やがてまた泣いてと、泣き声も力強くなりました。



そんな休日の我が家の楽しみといえば「男の料理」。

家族を気遣ってか、若旦那が腕を振るってくれます。



ここのところ、食べさせてくれたのは、ぼくの好きな「オムライス」。



リクエストしたら、今回は「カレーオムライス」。男の料理にしては手際よく作ってくれた。










何を隠し味に使ったか分からないが、すごく味に深みがあって美味しかった。








一週間前も



ふわふわトロトロ トマトオムライス。これもぼくの好きなトマトの酸味。

冷蔵庫の残った食材で、なんでこんな簡単に作れるのだろうか。ぼくには不思議だった。







わざわざ外食に出掛けなくても



わが家にはプロの料理人が居てくれる。
それだけでもありがたいし、おかげで家族みんなが笑顔になれる。



孫と若き料理人、休日が待ち遠しくなるこの頃です。










































JUGEMテーマ:男の料理

11月の豆助

 

連休明けでスタートした一週間の始まり。



朝7時現在の気温8.7℃と、冷たい空気に覆われた出雲地方です。北山の方向には朝もやが立ち込めています。
ちょっと雰囲気が良かったので、掃除の手を休め携帯でワンショット。
今週も忙しくなりそうな感じ、「全員が安全に」と今朝も手を合わせました。







パソコンを開くと、和風総本家からメルマガが届いていました。



11月の豆助、板の間でポーズをとっていました。何を見つめいるのでしょうか。11月はややネタ不足の感もあります。

自分的には、「ブラウン管テレビに映る、日本シリーズの胴上げシーンを見つめる豆助」でしょうか。

そんな想像をしてみた、11月の豆助の壁紙でした。
























10月の豆助




 和風総本家から送られてきたメルマガ。どうやら迷惑メールと一緒に削除していたようです。

10月の豆助の壁紙、もう一度ダウンロードしました。



食欲の秋、読書の秋、芸術の秋ということで、食べ物、本、絵画などの演出かと思いきや
「スポーツの秋」でした。クライマックス、日本シリーズと関連づけたのでしょうか。










僕としては


秋らしく、コスモス畑を走り回る豆助の光景を期待していました。
いつの日か、豆柴を飼っていろんなところで撮影してみたいと思います。