雨上がり

< 夕鏡 >

s-IMG_5067.jpg

昼過ぎからの土砂降りの雨が止んだ夕暮れ。

日没後の余韻を水面に映して見ました。

どちらかというと得意のジャンルです。

きょうもあっという間の一日でしたね。

 

s-IMG_5068.jpg

 

s-IMG_5072.jpg

秋の気配

< 北山夕景 >

s-IMG_2009.jpg

探さなくても四方八方から漂う秋の気配。

田園地帯特有の秋の匂いが漂います。

稲穂もずいぶん頭を垂れてきましたね。

農家さんもそろそろ収穫の準備でしょうか。

落陽を向かえた北山を写して見ました。

 

s-IMG_2010.jpg

 

s-IMG_2017.jpg

 

s-IMG_2031.jpg

 

s-IMG_2033.jpg

秋の催事に向けて準備が始まりました。

それに向け倉庫の高橋課長も大忙しです。

フォークリフトの達人ならではの荷捌き。 

今日も一日お疲れ様でした。

秋の展示会は14日(土)15日(日)二日間の開催です。

夏の終わりのハーモニー

< 君といた夏 >

s-0C0A4155.jpg

今日で八月もいよいよ終わり。

幼い頃からこの日は寂しい気持ちです。

お盆からこっちあっという間でしたね。

お陰様で今月も元気で投稿出来ました。

ご覧下さりありがとうございます。

 

八月最後の画像の投稿は、

s-0C0A4122.jpg

「君といた夏・君がいた夏・君がくれた夏」

何でも構いませんが「いい夏」でしたね。

あぁ〜明日からもう九月ですか。

 

s-0C0A4141.jpg

 

s-0C0A4139.jpg

 

s-0C0A4133.jpg

 

赤い衝撃

< Red Impact >

s-IMG_3205.jpg

赤く染まる雲の下に駐車してある赤い車。

メタリックレッドが光る車体が印象的。

失礼と思いつつ写させて戴きました。

衝撃を感じながらも何か可愛らしい佇まい。

きっと可愛げな人が乗り込むのでしょうね。

 

s-IMG_3204.jpg

晩夏に秋雨前線

< 晩夏夕景 >

s-IMG_2760.jpg

今週に入って夏空が隠れてしまいましたね。

梅雨に逆戻りしたかのような毎日です。

 

ラジオからは

♪ な〜つのお〜わ〜り〜

♪ な〜つのお〜わ〜り〜 ♪

と、夏の終わりの森山直太郎のか細い裏声。

 

s-IMG_2761.jpg

「どうした!夏模様!」

つぎに登場したのは「井上陽水」

♪な〜つがす〜ぎ〜こいあざみ〜

だれのあこがれ〜さまよう〜

あ〜おぞら〜に〜のこされた〜

わたしのこころはなつもよう〜♪

 

この曲を聴いているとすっかり晩夏ですね。

日暮れもずいぶん早くなりました。

 

s-IMG_2762.jpg

シルエット・ロマンス

< Silhouette Romance >

s-IMG_4388.jpg

 

若い二人の後ろ姿を影絵で遊んで見ました。

見渡す仕草やポーズで若さが分かります。

この夏は楽しい思い出が残せたのかな。

 

s-IMG_4388-1.jpg

 

s-IMG_4388-2.jpg

 

 

 

立秋

< 空を見上げて >

s-IMG_3969.jpg

夏土用が終わり今日はもう「立秋」ですね。

立秋とは名ばかりでまだ気配は感じません。

この夏最高の気温を記録した土用の終わり。

空を見上げてお盆休みの天気を予想です。

台風9号、10号の進路次第でしょうか。

夏空がこれから一週間続くといいですね。

 

s-IMG_3970.jpg

 

s-IMG_3973.jpg

吉田家、その後

< 吉田家の夏 >

s-IMG_3353.jpg

 

一カ月ぶりに吉田家のみなさんと再会。

見掛けなかったので心配していました。

赤く染まる綺麗な夕日と一緒に記録です。

 

s-IMG_3374.jpg

 

s-IMG_3375.jpg

 

パパだけ離れて夕日に向かい砂場トイレ。

失礼な場面を写してしまいましたね。

右足の後ろにその痕跡が見られました。

 

s-IMG_3383.jpg

 

子供たちもこんなに大きくなりました。

あの「ヨチヨチ歩き」が嘘のようですね。

これならこれからもう心配なさそう。

夕日ハンターのお邪魔もこれで最後かな。

夏の黄昏どき

< 赤く染まる夏雲 >

s-IMG_3190.jpg

 

s-IMG_3192.jpg

 

s-IMG_3193.jpg

 

s-IMG_3201.jpg

 

s-IMG_3207.jpg

予兆はしていましたがここまで染まるとは。

ダイナミックな夏空の黄昏時でしたね。

夕映えを待ちながら

< ひこうき雲 >

s-IMG_1478.jpg

 

夕映えを一人待ちながら高い空に飛行機雲。

浮かんでくる曲は荒井由美の「ひこうき雲」

それとも 因幡 晃の「夕映えを待ちながら」

去年の歌は忘れても昭和の詩は忘れません。

 

s-IMG_1474.jpg

 

きょうの日没時刻は19時22分。

夏至から5分ほど日没が早くなりました。

 

s-IMG_1473.jpg

 

宍道湖の湖水も酸欠状態でしょうか。

何処からか風に乗って「モア・ァ〜」

自分には「生臭さ」しか感じません。

臭いがお届け出来なくて残念ですね。