大安吉日

< 四月最初の嘉日 >

s-DSC_1383.jpg

 

季節感を狂わせた寒気も峠を越したよう。

やっと春らしい青空が拡がる出雲の空です。

 

s-DSC_1388.jpg

♪ 新しい朝が来た 希望の朝だ
喜びに胸を開け 大空あおげ
ラジオの声に 健(すこ)やかな胸を
この香る風に 開けよ
それ 一 二 三 ♪

 

外に積み上げられた木材にも嬉しい日和。

暫くはこんな天気が続いて欲しいですね。

 

甲子園球場では春選抜の平成最後の決勝戦。

勝敗はどうあれ、両校には「晴れの嘉日」

決勝に相応しい良い試合を期待しましょう。

 

s-IMG_6818.jpg

 

社内でも新生活が始まる方もありました。

やはりお祝い用の金封はいいものですね。

どうか末永くお幸せに。

 

s-DSC_1392.jpg

 

今日は祝い事には特別な吉日のようですよ。

こちらのご家族様にも末永くお幸せに。

画像はすべてスマホカメラで失礼しました。

歴史の扉

< 四月の始まり >

新たな歴史の扉が開かれるまで残り一カ月。

平成もいよいよ最後の四月に入りましたね。

今日から新年度が始まり五月に○○元年度。

このひと月は書き換えの準備期間でしょう。

いずれプレミアムな平成三十一年度ですね。

 

s-IMG_4312.jpg

 

これまで想像しながら待ちに待った新元号。

新しい元号は万葉集からだったようですね。

まったく思いもよらない二つの漢字でした。

 

s-IMG_4315-1.jpg

 

s-IMG_4285_1.jpg

 

歴史的瞬間のその前、外は雪が舞いました。

ファンファーレの花吹雪だったのでしょう。

きっとこの寒気なら山沿いは雪でしょうね。

とても肌寒い四月のスタートとなりました。

 

s-IMG_4300.jpg

 

「レイナ!、レイナ!、レイナ!、」

いや、

「れいわ!、れいわ!、れいわ!、」

早速つぶやきながら只今繰り返し練習中。

この違和感もこの四月が慣習期間でしょう。

平成に感謝しながら、「令和」に希望の光。

平成最後の良い思い出が残ればいいですね。

出雲大社から桜便り

< 三月の終わり >

昨夜から冬型の気圧配置に逆戻り。

さくらの蕾もびっくりしたでしょうね。

強い西風が吹いた今月最後の日曜日でした。

 

s-IMG_6639.jpg

三月最後の画像は「出雲大社の桜だより」

目安にしてる桜の木はぽつぽつと咲き始め。

今度の週末くらいが満開を迎えそうです。

 

s-IMG_6641.jpg

 

s-IMG_6644.jpg

 

s-IMG_6646.jpg

あっという間に三月も終わりましたね。

お陰様で休まず拙い画像を投稿できました。

多くのアクセスを戴き有り難うございます。

早いもので明日からもう四月ですね。

 

s-IMG_6635.jpg

さくら便り

< 夕暮れの標本木 >

松江気象台が桜の開花を発表しましたね。

平年より五日早い今年の開花のようです。

ぼくの決めた標本木はいまだこんな感じ。

蕾が膨らんだのでもう一週間でしょうか。

満開には水辺に「夕桜」を写せそうです。

s-IMG_6510.jpg

 

s-IMG_6512.jpg

 

s-IMG_6516.jpg

 

s-IMG_6524.jpg

 

s-IMG_6530.jpg

 

s-IMG_5957.jpg

 

s-IMG_5958.jpg

 

s-IMG_5955.jpg

日を置いて

< 紅芋ソフト >

s-IMG_5753.jpg

 

s-IMG_5754.jpg

筋肉痛と同じで日を置いてからくる疲労感。

遅ればせながら催事の疲れが出てしました。

祭りのあとの安堵感と心にある意味空白感。

今日になって「三感」を味わっています。

 

s-IMG_5753-1.jpg

そんな今日の画像は「紅芋ソフトクリーム」

ちょっとまったりと甘味でも食べたい気分。

少し前に食べたのに効能が切れたようです。

画像だけでも木愛(気合い)の注入ですね。

 

< 祭りのあと >

ブライダルシーズン到来

< Happy Wedding >

s-IMG_5991.jpg

 

s-IMG_5994.jpg

春の挙式シーズンに入ったのでしょうか。

冬には見なかった光景がまた始まりました。

二人を祝うゲストでとても華やいだ雰囲気。

おめでたい光景は良いものですね。

今日は風も無く穏やかな佳日です。

 

s-IMG_5997.jpg

 

s-IMG_6001.jpg

 

s-IMG_6002.jpg

彼岸の入り

< 桜便り >

s-IMG_6194.jpg

 

s-IMG_6195.jpg

〜暑さ寒さも彼岸まで〜

いよいよ待ちわびた「彼岸の入り」です。

朝は厳しい寒さでしたがお昼には13℃。

サクラの蕾も一日一日膨らむでしょうね。

あと十日もすれば開花でしょうか。

また新しい一週間の始まりです。

なごり雪

< WHITE DAY 3.14 >

s-IMG_5911.jpg

もう降らないと思っていたので感動的。

寒の戻りなのか白い妖精が舞う昨日でした。

まるで初雪を見た時のように新鮮でしたね。

強風が吹き荒れ気温も6度と寒い一日。

これで最後なのでしょうか・・なごり雪・・

 

s-IMG_5912.jpg

今日は平成最後の「WHITE DAY」ですね。

10個でもお返ししたいところ今年は1個。

記念の年にしては寂しい結果になりました。

 

< 岡田さんの意味深な甘味箱 >

〜うわあぁぁぁ〜!〜(文字にできません)

社内ではランチを終えた女子会さんの歓声。

 

「普段お世話になってるお礼で〜す!」

仕掛人は誰かと思ったら営業員の岡田さん。

どうやらサプライズで買って来た「甘味箱」

ニコニコと照れながら差し出したようです。

貰ってないはずなのにお返しする岡田さん。

何か意味深な綺麗に包装された箱でしたね。

何か無理を言いたいのか来年の催促なのか。

それとも何か下手こいたのか?

 

将来楽しみな恐るべし「笑うセールスマン」

これで暫くは岡田株は上がるのでしょうね。

その後の「値下がり」も気になるところ。

春雷

< 春雷 >

s-0C0A2566.jpg

 

s-0C0A2567.jpg

深い眠りから起こしてくれた未明の雷。

爆音で何が起こったのかと思いました。

もう「雪お越し」ではないので「春雷」

「春が来たぞ」と伝えたかったようです。

嘘のようにしっとりと穏やかな朝景色。

事あるごとに癒される長閑な北山遠望。

久し振りに会社の後ろから天気予報です。

 

s-0C0A2555.jpg

 

s-0C0A2562.jpg

 

s-0C0A2551.jpg

3月11日

< あれから八年 >

s-IMG_1159.jpg

大勢の人々の尊い命を奪った東日本大震災。

震災の発生から今日は八年目の「黙祷の日」

今年も画像で被災地に思いを馳せました。

 

s-IMG_1155.jpg

 

s-IMG_1161.jpg

南三陸町「ホテル観洋」から望む志津川湾

 

雪が舞う「あの日 あの時」

助かった人々はどんな思いで見たのだろう。

次の時代も忘れてはならないこの 3.11の日。