因幡街道やすらぎの智頭宿<木と暮らす編>



江戸時代参勤交代の宿場町であった 因幡の国は山間にある智頭宿。

その中にあっても、今回唯一の授業は「石谷家住宅」の見学。





国の指定重要文化財として、鳥取県を代表する大規模な近代和風建築物。

そんな貴重な石谷家の大門をくぐるのは、わが社の最高齢社員の「かつべのよっちゃん」、すこぶる元気。
残念ながら、頭のヘリポートはボクと一緒でやや広がってしまいました。

それでも、「まだまだ若い「門(モン)」には負けないよ・・・」と言ったうしろ姿に見えました。
よっちゃんには、これからも70歳まで働ける職場づくりの先導的モデルさんであって欲しいものです。









話は本題に戻り、石谷家のパンフレットによると




その規模はなんと敷地面積3,
000坪、建築面積640坪(部屋数40部屋余り)のお住まい。圧倒的なスケール感です。
写真右、軒が出た部分が本玄関(主賓用)、正面が勝手口に当たることが説明の後、理解できました。








そんなことも分からず、ぼく達ご一行は玄関と信じつつ入って行きました。




まず入って驚くのは



高さが14メートルと、広大な空間を誇る吹き抜けの土間。仕事柄、ご一行は骨太の木材の数々に魅了されました。
さすが、石谷家は昔から山林経営で財を成しただけのことはあります。囲炉裏の間に上がるところの大黒柱はケヤキ。







見事なアカマツの梁、大変な太さです。目立つ節も見られず、今では入手困難な良材です。
同じ木を生業としている僕らも、このスケールには驚きました。
自分としても、昨年の熊本城は本丸御殿以来の木の感動でした。





すこし気になった仕事のジャンルを撮影していました。



これも貴重な黒柿の床柱と、杉の面皮(めんかわ)付きの長押(なげし)が印象的でした。







装飾的なものとしては、「欄間(らんま)」の数々。




透かし彫りの欄間。大胆な図柄を繊細に彫り上げています。よほど切れ味の良い刃物で彫ったことが伺えます。














いずれも、特別に依頼しただろうデザイン集に無い、素晴らしいオリジナルの図柄でした。


この後、係の方から説明を受けながら撮影しました。続く・・・











 

どうなったK-Box

イベントのご報告で忘れていたことがありました。





開催の一週間前に、一生懸命に作ったK-Box。







実行委員の方々のおかげで



人目に付く場所で展示してくれました。しかもテーブルクロスを敷いてテーブルの上。








心配していた通り、



予感が当たりました。
「こんなにつらい思いをして、千円や二千円で売られると思うと・・・」のシュミレーションとなりました。







おかげさまで



重たいのにお持ち帰り戴き、ぼくのような者が作ったモノにお代を払っていただきました。

全量完売とはいかず、大が2個、小が1個売れ残ってしまいました。

どこのどなたにお買い上げいただいたのかは分かりませんが、この場を借りてお礼申し上げます。

お買い上げいただいた売上代金23,000円は、バザーの売上金と一緒に、東北の復興の義捐金に送ります。












 

ようこそキムラ「春のとく得祭り」へ

たくさんのお客様にご来場をいただいた「キムラ 春のとく得祭り」さくら

おかげさまで、無事終了することが出来ました。御礼方々、画像と共に紹介させて戴きます。






この日は、3月のスタート初日。土曜日は曇り空くもり、日曜日は曇り一時雨雨
心配していた寒波や春の嵐も吹かず、この時期にしてはまずまずの天気に恵まれました。

 




9時の開店と同時に、セール商品をめがけてお客様がいらっしゃいました。
毎回の光景ですが、この日はもう3月。4月からの消費税率のアップで、設備機器の取り換えやリフォームの計画でしょうか。

さすがに高額なものこそ3%は大きくなりますので、早々とご成約いただいたようです。






それにしても、回を重ねるごとに若いご夫婦のお客様が増えてきたように思えます。
こちらのお客様も、新築かリフォームか分かりませんがとても熱心に説明を聞いていらっしゃいました。


 



若いお客様と言えば



今回も続々と、未来のお客様が詰めかけてくれました女の子女の子。キムラ名物「木のおもちゃコーナー」です。








ビー玉びーだまや小さな木球びーだまを、万が一誤って飲み込まないよう 見張り役の若手スタッフが4名張り付いています。








しかし、これがまた一日中といえば疲れますぐったりぐったり
家の子なら未だしもよそさんのお子さんなので、人一倍、気を使って大変だったと思います。




この子とは、スタッフがサッカーゲームの対戦相手になって遊んでいましたサッカー

やっているスタッフ(オジサンS君顔)も、ずいぶんと楽しそうでした。
 







お母さんやお婆さんも仲良く一緒に遊ぶ光景も見られ、主催者としては嬉しいものです。



 



毎回来てくれる、可愛い常連客も日曜日に来てくれました男男男



ほぼ半年ぶり、私を覚えてくれていました。ずいぶんとお兄ちゃんになったものです。





このコーナーのおかげで、大人の方々はゆっくりと品選びができます。
会場入って正面の一等地を占領した上、スタッフは述べ8人。イベントで一番コストがかかる場所です。


 

そして




このコーナーの奥のパネルに貼ってあるのは、2日間のぼくの役割分担です。


 





だれが作ったか分かりませんが、なかなか良く出来たPOPでした。ご覧の通り、ぼくは探され役です。


 



さっそく



超!若い子に見つかってしまいました。よほど似顔絵がそっくりに書いてあるようです。

「最初はGUーじゃんけんぽん!グー」・・・ぼくが勝ってしまいました。何と、泣き出してしまいました涙
それ以来、このじゃんけん大会は、女の子には何とかして負けることになります。15勝60負け。



手が空いた時には、ちょっと気分転換とスタッフの監視役。



よしよし、ちゃんと真面目にやっている光景がありました。



 


その傍らでは、やっぱり



若手スタッフ男2対女2が何やらニヤニヤしていました。どうせ仕事の話ではないはずです。

 


ここを通過すると



ここは「占いコーナー占い」2店舗と、「癒しのマッサージコーナー手」が2店舗の人気店。

ここにも誰か潜んでいるはずです。
 



やっぱり

居ました居ました。無料ドリンク提供コーナーの若い女性スタッフが人生相談?。

ズバリ結婚相談かも知れませんね花嫁
まあ、独身だから見なかったことにします。
 



これはいけませんね。



今回のイベントの実行委員長ではないでしょうか。
本人は痛っ!痛っ!痛い痛い痛いと大きな声で叫んでいました。かなり特殊なマッサージのようです。








美人の先生も、患者が痛がるのがたまらなく楽しいようです。

それにしても、実行委員長!首の廻りが真っ赤、よほど荒療治と見えます。
まあ、このイベントのために頑張りすぎたのかもしれません。見なかったことにします。

 




おっと!これは目と目が合ってしまいました。



駐車場の誘導係の大和田!なぜ中に?、 しかもケーキらしいものを摘みニッコリ笑顔笑顔
現行犯逮捕!これなら言い訳できませんでしょうね。




このあと



キムラ名物「屋台村」も監視に行きましたが、さすがここではお客様優先と、マナーを守ってくれていました。






ぼくも他人ごとではありません



スタッフのみんなにわからないように注文した「Cafe Sakuraさくら」の美味しいコーヒーコーヒー
メニューの中から「ヘーゼルラテ」250円コーヒー

お買い上げ抽選会の担当女性のお二方に特別に出前を。口封じのためにご馳走してあげました。



 




これがまた美味しかったですね。隠れて飲むといっそう美味しく感じました。さすがプロの味です。


 


それ以外にもいろいろなことがありましたが





今回のイベントテーマでもある「笑顔あふれるおもてなし笑顔笑顔」。






スタッフはもとより



出展メーカーさん、問屋の担当のみなさまもこのテーマをご理解していただき、よく頑張っていただきました。





なによりも







未来のお客様の笑顔がたくさん見れて、ほんとうに良かったと思います笑顔笑顔





2日間をとおして



駐車場の誘導の方も、プロを含め述べ10人の裏方のスタッフのおかげで事故もなく、

無事、安全に誘導をしてくれました。







今回のイベントでは、2日間で440組のご家族連れ、述べ900名ほどのお客様に足をお運び戴いたようです。

寒い中のご来場、誠にありがとうございました。

会場準備から両日ご協力いただいた、出展各社のご担当の皆様、社員のみなさまに感謝申し上げます。













 

イベントが始まります


住まいのことなら何でも揃う「キムラ春一番 得とく祭り」
いよいよ、3月1日(土)・2日(日)と2日間の開催となります。



今回も楽しい企画が盛り沢山。実行委員会のみんなで会場の飾り付け、イベント企画を考えてくれました。
ぼくの出番は、終日ちびっこ企画「社長を探してジャンケン大会」のじゃんけん相手の役です。


ご家族お揃いで、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。







 

なんでK-box



超格安販売のキムラK-box。いくらで実行委員長は売るのだろう?
ぼくが値段を付ければ、あまりの辛さに超高価販売になってしまう。

そんな矛盾と、言いようの無い倦怠感で向かえた日曜日。



さっそく、組み立て作業を始めました。






この作業がこれまた大変です。夕方まで何度も何度も繰り返しビス止め、組み上がったらサンドペーパーで研磨。





おかげさまで、根性で完成させました。



月曜日の朝、記念撮影です。Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、各5個。合計15個が出来上がりました。

それにしても達成感はもうとう無く、腰痛と肩こりと、何とも言えない脱力感だけが残りました。
これを千円や二千円で販売されると思うと感無量です。



多目的フリーBOX「キムラKーbox」値段はさておいて、全身全霊、心を込めて作りました。









そんな、月曜日は完成祈念、



お昼休みに出雲教にお参りしました。さすがにお昼休みは空いているよう、じっくりお参りできそうです。








仕事柄



やはり木に愛着があり、スダジイのこぶ付き巨樹を写したり、











門のケヤキの板の木目に目が行ったり、天気が良いとついつい寄り道してしまいます。












しかし、お隣出雲大社では月曜日だというのに大変な参拝客。












まだまだ、大遷宮の誘客効果が続いているようです。

今日はまたとない好天の参拝になり、K-boxの疲れが少しとれたような気がしました。
この分だと、気持ちよくお客様に超破格値で販売できそうです。








 

KーBOXの正体

2014年に入り、初めてのイベント「春のとく得祭り」が3月1日・2日と迫って来ました。
実行委員からたってのお願いがあり、超格安でお客様に販売したいキムラK-BOXの制作依頼が入りました。


そこで、土日の休日を利用して、ボランティアで制作を開始しました。
どちらにしても、ぼくの作ったモノは値段を付けることさえためらいますが。


両日とも



作業場に閉じこもるのにはもったいないような好天、どこか撮影に行きたくなるも我慢の2日間でした。





今回、高橋課長が特別に作業スペースを確保してくれました。



自分には有り余るスペース。思う存分腕を振るうことが出来そうです。




まずは設計図とにらめっこ



エクセルで作った設計図です。これが間違っていたら元も子もないのですが。







これが今回使用する元板、業界用語では「フリー板」。やや堅木を選び、木は「ゴムの木」です。







やはりこだわりがあって、HCで売っているような安い木は使いたくありませんでした。
元板の長さは、4,200ミリ 幅600ミリ 厚さは20ミリをチョイスしました。






これを、丸鋸で幅をカットし、スライド丸鋸で長さをカット。これが嫌になるほど繰り返します。







腰が痛いやら、肩が張るやら、久し振りのDIYで嬉しいような悲しいような、皆は休んでいますし。
なんで自分だけがつらい作業・・・何度も思いました。






パーツのカットは色々なサイズが75枚。切り終わったのはすでに夕暮れ時、照明を付けて残業です。








辺りが真っ暗になったころ、パーツにドリルで下穴加工です。その数、なんと300近く。
終わりかけたころ、あえなく撃沈。もう限界となりました。明日は組み立てとなります。









 

今年も納め市が終わりました

 


早いもので、今年最後のイベント「納め市」を開催しました。



この日だけは、建築のプロ限定の販売となります。
寒い中でしたが、各地よりご常連さんにお越しいただきました。ありがとうございました。










ときに、消費増税による駆け込み需要も年越しの様相、建築資材は高騰を続けています。

しかし、今日だけは大サービスしてしまい、おかげさまで全量売り尽くしとなりました。

毎年これが終わると、あっという間に年の瀬に向かっていきます。

















































満員御礼

 
 

 おかげさまで、キムラ決算「だんだん祭り」は無事終わることができました。

初日は生憎の雨となりましたが、二日目は雨も止み、お昼前には青空も顔を出してくれました。







今回も


たくさんのお客様にお越しいただき、かわいい笑顔が見れてこちらも元気をもらいました。









年々、増え続けるファミリー客、受付の対応もずいぶん変わりました。







もちろん


この子たちが向かう先は、正面入ってドカーンと設けた「木のおもちゃでコーナー」。







毎回、新作も出てきます。
普段、木に触れる機会が少ない子供たち、ここでは飽きることなく遊んでくれます。







それにしても


このコーナーもすっかり託児所に。対応するスタッフも、終日子供たちの面倒を見ることになり大変です。






とはいっても


大人も一緒になって楽しんでもらうことも大事です。不滅のヨーヨー釣り、お祭りの光景を思い出します。





ぼくの楽しみは


毎回来てもらう、ご常連のちびっこ。成長がとても楽しみです。






肝心の売り場の方はというと




こちらも、熱心に説明を聞いていただくたくさんのお客様。
笑顔あふれる商談が終日続いていました。





お昼近くなると

キムラ屋台村では長蛇の列。長らくお待たせすることになり申し訳ありませんでした。








なによりも


ちびっこたちにケガや事故が無かったことが、ぼくは一番ほっとしました。

今回のイベントも、有難いことに述べ1千名以上のお客様をお迎えすることが出来ました。

二日間に渡りご来場いただきました皆様、ご協力戴いた出展各社の皆様に厚くお礼を申し上げます。

社員のみなさんもよく頑張ってくれました。
                                     感謝いたします















だんだん祭り

 

 やっと青空が顔を覗かせた昨日から

準備も本格化。いよいよ土曜日と日曜日の両日、「65周年 キムラ決算だんだん祭り」の準備が整いました。


何にも言わなくても、みんなそれぞれの責任分担を感じ、一生懸命に準備を進めてくれました。
毎回の事ながら、すごい人財のおかげです。





そして

きっと、65年の伝統の積み重ね。
それは、先輩たちから後輩に受け継がれた「心」なのかも知れません。


その全てが、お客様にお役に立つ企業であること。
何処までやれるかわかりませんが、一生懸命心を込めてご奉仕します。


時に、芸術の秋。

今回は、世界に1人だけ、郷土が生んだ漆彩画家「高橋啓三」展も開催します。



お近くの皆様、どうかご来場下さい。
















「浜ロックフェス」に行きました

 
先週末、誘われるままに行った「浜ロックフェスティバル2013」
毎年、夏のこの頃に開催されるようです。

ぼくは年甲斐も無く今回初めて見ました。



 例年になく、今年は大規模の集客のようす。


 会場は駐車場も限られるため、シャトルバスが運行とのことだった。
 もう日も暮れようとした頃、ぼくも島根ワイナリーからバスに乗りました。





バスが着いた場所は、日本海の浜辺。

 陽はすでに落ちていまったものの、いい感じに焼けていました。









もう、たくさんの若者が集まっていました。







浜辺のやや高いところに作られたステージ、なかなか本格的です。
サザンでも来れば、何万人規模でしょうね。














まもなく、若者のダンスが始まりました。

ぼくには理解できないジャンルです。






しかし、驚いたことには、

息子から「1,000人集まるバーベキューだよ」って、

聞いてはいましたがほんとうの様子。






最初は

何処でどうやって食べたらよいのか解からず戸惑う始末。

聞けば自由にどこで食べてもよいとのことです。






こんな感じで

バーベキューを楽しみました。

しかし、千人のバーベキューは初めてでした。






やがて、ステージでは何やら始まった様子。
相棒のカメラ「Power Shot N」を片手に行って見ました。

よさこい踊り、これはぼくも好きなジャンル。






とても元気が出る踊りと音楽を聞かせてもらいました。

夜の相棒も結構模写力を発揮してくれました。





調子に乗って

コンロで同席だったわが建材部の「クミちゃん」。
「このカメラはキレイに写るからね〜」って写したら・・・
「ダメです~!」って叱られました。






そうこうしていたら、会場のアナウンス。

爆音とともに花火が上がりだしました。

この夏初めての花火です。





しばし、相棒と一緒に近くで写してみることに。











結構な数の花火が上がりました。

しかし、相棒は花火にめっぽう弱いことが解かりました。





花火が終わったら

よさこいの踊りが始まりました。

これなら相棒も頑張ってくれます。













とてもパワフルな躍動感あふれる画像を残してくれました。








それにしても驚くべきは

この千人を集めた「浜ロックフェス2013」。

一人の若者が仕掛け人であり主催者。







ぼくの会社でも、イベントでお世話になっている


カフェSakuraの若きオーナーが張本人。
彼に共感する若者がスタッフとして一生懸命手伝う姿が印象に残りました。
出雲にもとんでもない大きな仕掛けをする若者がいます。


このイベントで今宵は若返った気持ちで帰ることが出来ました。

オーナーありがとうございました。