おもかげ色の空

< おもかげ色の空 >

s-0C0A6460.jpg

 

あの日、 

ふたりで眺めた「おもかげ色の空」

あの時、

仲良しだった二人も今では六十代。

今頃何処でどうしているのだろう。

あれから半世紀の時が流れました。

 

 

< 南こうせつコンサートツアー >

 〜 in おもかげ色の空 〜 

s-DSC_1180.jpg

 

こうせつさんのコンサートに出掛けました。

会場は安来市総合文化ホール「アルテピア」

450台収容する駐車場はほぼほぼ満車。

千人収容可能な大ホールもほぼほぼ満席。

 

s-DSC_1181.jpg

 

何処を見渡してもメチャ同窓会コンサート。

もうどう見てもなんら恥ずかしくない世代。

全員で「おもかげ色の空」を歌いましたね。

 

それにしても何処からか漂う〜年寄り臭!。

〜 あんたか?・おまえか?・おれか? 〜

これだけ大勢集まると仕方ないですよね。

 

その「こうせつ」もそろそろ七十歳の手前。

その歳でこの歌声はまったくあの時のまま。

若々しく透き通った素晴らしい歌声でした。

 

皆様いつまでもお元気で、

またどこかの同窓会でお会いしましょうね。

 

 

 

夕空燃ゆる

< 夕焼けハンター >

湿った空気と雲に覆われた昨日の夕暮れ。

日没の後の夕焼けを記録しました。

不気味なほどに赤く燃える空です。

ご覧になった方もあるでしょうね。

一度は諦めたこの日の夕日ハンター。

夕焼けハンターに切り替えた成功例。

時間の経過とともに画像を掲載します。

 

s-IMG_3509.jpg

 

s-IMG_3516.jpg

 

s-IMG_3525.jpg

 

s-IMG_3531.jpg

 

s-IMG_3532.jpg

 

s-IMG_3533.jpg

 

s-IMG_3536.jpg

 

s-IMG_3537.jpg

 

s-IMG_3543.jpg

 

s-IMG_3539.jpg

 

s-IMG_3546.jpg

時刻は19:50分、これが最終でした。

 

「空燃ゆる」としか表現できない空。

感動的な夕焼け空を独り占めです。

 

凄い GAP

< ピンクの Mira Cocoa >

女性に人気のダイハツ・ミラ ココア。

すでに生産は終了したのでしょうか。

若い娘さんが乗ってると可愛く見えますね。

この日はピンクのココアの窓越しに「夕日」

 

s-IMG_2513.jpg

 

車内に誰もいないことを確認して撮影。

シルエットは何となく可愛らしいです。

 

「車を停めてどこかで彼氏とデートかな?」

などなど、してはいけない自分勝手な捜索。

しかし、見事にイメージは破壊されました。

 

s-IMG_2513-1.jpg

 

車に戻ってこられた方は想像にお任せます。

お○じ!・お○ば!の表現も差し控えます。

 

それにしても、

この凄〜い!GAPの余韻は何だろう?

あぁ〜ピンクの「Cocoa」に沈む夕日。

 

半夏生の空に赤い悪魔

< 赤い悪魔 >

恐るべく反撃に転じた赤い悪魔。

青空を追いやり赤い集団が空を支配しました。

 

s-IMG_2464.jpg

 

s-IMG_2466.jpg

 

今朝は悔しい気持ちで朝を向かえました。

紙一重の引き締まった素晴らしい試合でしたね。

またひとつ楽しみが終わってしまいました。

 

今日は台風の雨に混じるみんなの残念な悔し涙。

気持ちを切り替えて次は「ベルギー」の応援団。

ベスト4は「フランス」VS「ベルギー」かな。

 

想定外のあの日の夕暮れ

< 緊急停止 >

信号が赤になったと同時に見上げる空は真っ赤。

青に変わるのを待って安全な場所に緊急停車。

車載カメラからその強烈な夕焼けを写しました。

車のラジオからは地震の被害を知らせるニュース。

恐怖心を煽るかのようなこの空はつい一週間前。

 

s-IMG_2472.jpg

 

s-IMG_2473.jpg

 

s-IMG_2474-1.jpg

 

< 大阪北部地震一週間 >

大阪府北部で震度6弱を観測した地震から一週間。

都市型災害で悲しい事故や多くの被害が出ました。

あの日の夕暮れはこんな空を記録していました。

不気味な空だったので見上げた方もあると思います。

夕焼けハンターには想定外の激焼けでした。

 

 

は・う・す・どう?

< House Dou! >

s-IMG_2512.jpg

 

大好きなビニールハウスの向こうに並ぶミニハウス群。

タイトルは「ハウスどう?」しか浮かびませんでした。

空きスペースに「ミニハウス」はいかがでしょうか。

こんな情景にカメラを向けるのは自分だけでしょうね。

 

s-IMG_2511.jpg

 

 

 

 

夕暮れの余韻

< Reverberation〜余韻〜 >

s-IMG_2524.jpg

 

s-IMG_2526.jpg

 

夏至の日の夕暮れ、綺麗な「彩」を写しました。

日が落ちても諦めないで我慢強く待つものですね。

時計の時刻はもうすでに19時35分。

とても上品な余韻を残してくれました。

カメラのイメージセンサーが向上したお蔭です。

自分の基準ではAランクの夕焼けの余韻でしたね。

 

s-IMG_2525.jpg

 

 

夏至の日の夕暮れ

< 夏至の日 >

午後から急に天気が回復した今年の夏至の日。

陽も傾き陰が伸びる夕暮れは毎年恒例の撮影会です。

どんよりとした重たい雲に覆われる日が多いこの日。

今日は抜けるような青空で視界良好の夕暮れでした。

二十四節気を意識して暮らしているとやはり特別な日。

今年も夏至を向かえたんだなと思いながら写しました。

 

s-IMG_2476.jpg

 

s-IMG_2478.jpg

 

s-IMG_2480.jpg

 

ちっちゃな自分の影を大きく見せる自分撮りの時間帯。

飛び入りは18時35分到着予定のJAL285便の登場です。

夕日ハンターの出番待ちのひと時を楽しみました。

 

s-IMG_2486.jpg

 

s-IMG_2487.jpg

 

s-IMG_2496.jpg

 

s-IMG_2498.jpg

 

これから一週間、日没の時間は19時27分が続きます。

天気が良ければよいのですが。

心を映す

< 雨上がり >

心がそわそわざわざわとした一週間もやっと終わり。

各会合や気を使う面談もあり落ち着きのない日が続きました。

こんな日は何故か心も写ってしまいます。

日に日に早苗も成長してざわざわしてきました。

この水田を利用した写心撮影もそろそろ終わりを迎えます。

 

s-IMG_2189.jpg

 

s-IMG_2190.jpg

 

s-IMG_2191.jpg

 

今日からまた新たな一週間が始まりました。

今週は雨上がりのような一週間にしたいですね。

 

明日は世界中が注目する「米朝首脳会談」

いよいよこの日がやって来ましたね。

2018年 6月12日は歴史に残る日になるのでしょうか。

「トランプVS正恩」いずれ、注目の取り組みです。

 

遠き山に日は落ちて

< 六月の暮色 >

s-IMG_1818.jpg

 

梅雨入り間近なこの夕暮れどき。

夕日ハンターに出掛けて見ました。

 

〜遠き山に日は落ちて・・・

頭に浮かんだのはドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」

自分にはキャンプファイアーを思い出す歌ですね。

焚火を囲んで友達と大きな声で歌ったものです。

 

s-IMG_1817.jpg

 

この日の日没時刻は19:19分。

夏至に向かってずいぶん日が長くなりました。

夏至から7月初旬までは日没が最も遅く19:27分。

もう8分ほどゆとりの時間が持てそうですね。

それでも一日があっという間に感じるのは忙しい証拠。

一日一日、用事があることに感謝ですね。

 

s-IMG_1812.jpg