深まる秋の夕暮れ

< 夕暮れ時は寂しそう >

s-IMG_8705.jpg

 

s-IMG_8700.jpg

霜月の始まり

< 霜月の夕暮れ >

s-IMG_9156.jpg

 

s-IMG_9157.jpg

 

いよいよ今日から11月に入りましたね。

会社も今日は全店舗が一斉に棚卸をしました。

みんなで頑張って夕暮れまでに何とか終了。

夕焼けのご褒美をカメラに記録できました。

今日から会社は新しい年度がスタートします。

 

s-IMG_9160.jpg

 

s-IMG_9162.jpg

 

s-IMG_9166.jpg

 

 

 

釣瓶落としの秋の夕暮れ

< 日曜の黄昏どき >

s-IMG_4431.jpg

 

s-IMG_4432.jpg

残照

< 残照 >

s-IMG_7554.jpg

 

s-IMG_7557.jpg

 

s-IMG_7556-1.jpg

 

s-IMG_7558.jpg

「残り物には福がある」

雲に諦めて帰っていたら見れなかった光景。

最後の力を振り絞って燃えてくれました。

望みを持ってあきらめない事が大切ですね。

肌寒い夕暮れ

< 十月の夕暮れ >

s-IMG_7378.jpg

事務所のブラインド越しに見えた夕焼雲。

さっそく会社の裏手に向かって見ました。

背後からは半袖姿の事務の「きた」さん。

寒いやなね〜と話しながら途中で分かれ道。

台風が冷たい空気を掻き廻したようです。

ゾクゾクしながら写した十月初日の夕暮れ。

久々に夕日ハンターの出番がありました。

 

s-IMG_7381.jpg

 

s-IMG_7382.jpg

 

s-IMG_7389.jpg

秋の夕暮れ

< いつもの場所で >

s-IMG_6735.jpg

 

s-IMG_6739.jpg

 

s-IMG_6737.jpg

いつもの場所で一期一会の夕景撮影。

彼岸になると落日地点も随分変わります。

穏やかな秋の夕暮れの余韻でしたね。

潤いで終わる一日

< 夕暮れの潤い >

s-IMG_3092.jpg

 

s-IMG_3093.jpg

 

s-IMG_3095.jpg

 

s-IMG_3110.jpg

 

s-IMG_3098.jpg

潤いという表現はイメージが良いですね。

湿気たっぷりの夕暮れを写して見ました。

コラーゲンなら良いがまとわりつく空気。

冷ややかな風が止み湿度が高くなりました。

天気が微妙に移り変わって行きます。

初秋の宍道湖暮色

< 宍道湖夕日情報 >

s-IMG_4537.jpg

 

s-IMG_4536.jpg

 

s-IMG_4547.jpg

九月に入りすっかり日没が早くなりました。

日の入り時刻は、夏至19:27〜本日18:30

夏至から比べるとほぼ一時間の早仕舞い。

夕日ハンターにはこの時間差は大きですね。

これで止まってくれたら有難いのですが。

その願いが叶わないのが巡り巡る四季の掟。

赤とんぼ

< 夕焼け小焼けの赤とんぼ >

s-IMG_6165.jpg

 

s-IMG_6165-1.jpg

 

s-IMG_6164.jpg

飛んでるトンボを写し止めるのは至難の業。

そわそわバタバタ逃げ足が速いですね。

赤とんぼと言うより「影とんぼ」

空が高くなりました。ここはもう秋色です。

 

宍道湖に舞い降りる赤い龍

< 最強台風21号の爪痕 >

これまでに、天候が急変するときは、

想定外の激焼けに出会うことがありました。
空一面がまたたく間に真っ赤に染まる光景。

不気味な赤い龍が舞い降りて来そうでした。

暫く続く、強烈でダイナミックなその余韻。

この画像は、20号の上陸前日の夕空です。


s-IMG_4957.jpg

(撮影日:8月22日)

 

s-IMG_4953.jpg

 

s-IMG_4958.jpg

 

s-IMG_4959.jpg

台風21号の強烈な暴風を写すテレビ報道。

見ていても被害の様子に怖くなりました。

通過に伴い各地に被害を及ぼしたようです。

この脅威を体験した人は忘れられない記憶。

さぞかし怖い思いをされた事だと思います。

自然災害はすべてが他人事ではありません。